2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« メッツマッハーNJP…アルプス連峰 | トップページ | 無題 »

2013.01.14

雪の週末

この週末、13日(日)は六本木シンフォニーサロンにて今年初本番。
ここの会場で定期的に開催しているサロンコンサートに、縁あってはじめて参加させていただくことになり、地元メンバーでのSaxカルテットで、昨年暮れから数回のリハーサルをしてきた。
六本木には久々に降り立った。

おだやかに晴れ上がった日曜日、六本木ヒルズの巨大ビルを真正面に望む8階のガラス張りの控室は、太陽の光をいっぱいに浴びて、真冬なのに温室の中のように暖かい。

曲目はピエルネの昔の歌とサンジュレーの1楽章で、メンバー次第では初見でも通る曲目だけど、今回はそうはいかなかった。
私以外3人ともカルテット初心者で、うち1名はまともなサクソフォンアンサンブルは今回初体験に近かったくらいで。
ということで、楽器を演奏するという行為の根本にまで溯るような事細かなサジェスチョンを繰り出しながら練習をする事になり、いつもの自分のアンサンブルだったらあり得ないくらい手間はかかったけれど、結果的には(このメンバーでこの練習回数としては)まあ聞けるものが出来たんじゃないかなと思う。

私は、下手な演奏というのは別に構わないんですよ。(自分だって下手だし。)
ただ、「音楽」を感じられない、感じていない演奏というのは我慢がならない。
そんな演奏は聴きたくもないし、(自分が主体的に関わっている限り)絶対にしたくない。
そして、たとえ初心者だろうが、どのような技量の人であろうが、「音楽的な演奏」というのは可能だと考えていて、そのための方法論について常に考えているので、今回はとてもいい経験をさせてもらったと思っている。

20130113

上は、すべて終わって、原状復帰して退出直前のサロン。
また出てみたいな。

翌月曜(成人の日)は、雪!

photo

14時頃の自宅前の風景。写真が傾いているのではなく坂道なのだ。
東京都心は8cmくらい積もったらしい。交通機関は大混乱。
8cmで大雪だなんて、雪国の方には笑われそうだが。

チラシ画像そんな天気の中、当初からの予定どおりコンサートを聴きに無理やり出かける(苦笑)

王子ホールにて、まろさん(N響コンマス・篠崎史紀氏)プロデュースの「MAROワールド」の新春コンサート、バッハの「ブランデンブルク協奏曲」全曲演奏会。
毎回即日完売の人気シリーズで、しかも今回は通常の1.5倍増しの豪華公演内容だったのに、来ることのできなかった人や諦めた人もいるようで、客席にはぽつぽつと空席が見えた。
チェロの宮田大君をはじめとする総勢23名におよぶ出演者は、書き切れないので、こちら(王子ホールサイト内)をご覧ください。
一言、菊本さん(Tp)の「2番」は凄かった。

曲間のトークも楽しく、開演5時で終演は8時半に迫る長丁場。
終わる頃には天気もすっかり回復し、積もった泥雪がどんどん溶け始めていた。
それでも明朝は雪は残りそうだな。早起きしなくちゃ。

« メッツマッハーNJP…アルプス連峰 | トップページ | 無題 »

いざ、本番」カテゴリの記事

コンサート(2013年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メッツマッハーNJP…アルプス連峰 | トップページ | 無題 »