2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« Sax的ドビュッシー生誕150年記念 | トップページ | 12月24日 »

2012.12.24

くるみ割り人形

22日(土)午前は、私たちのアンサンブルの本年最終練習。
昨日から引き続き、やっぱり調子は良くなくて、遅刻して行く。
それでも、楽器を吹いているとなんとなく元気になってくる、ような気がする。

シーズンオフの今は、特に決まった練習曲目というのはなく、持ち寄った楽譜を様々な組み合わせのメンバーで合わせる。
こういうのもまた楽し。
我が家の楽譜棚に長年眠っていた、「くるみ割り人形」組曲(全8曲)のSax四重奏版の楽譜(そんなものがあるのだ)を持って行って、初見で音出し。
いやー、いい曲だ。
クリスマスだなー。

…余談ながら私の一番好きな「くるみ割り人形」組曲の演奏は、カラヤン指揮ウィーンフィルの1961年録音(Decca原盤)に止めを刺します。
録音年を見ると古い録音のように見えるけれど、全然そんなことはない。とても雰囲気のよく出た夢幻的なサウンドは、最近の演奏からは聴けない質のものだ。
ちょうどこれを書くためにCDを聴き返して、改めて感心しているところ。
「花のワルツ」が微妙にウィンナワルツ調に訛っているところもいい。

image

手元にある、キングレコード・230E-51007という型番のCD。
たぶん25年近く前に入手したもの。
今は違うジャケットで出てるはず。

« Sax的ドビュッシー生誕150年記念 | トップページ | 12月24日 »

CDを聴く」カテゴリの記事

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sax的ドビュッシー生誕150年記念 | トップページ | 12月24日 »