2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012.11.30

フェネル=イーストマンのホルスト他、2012年再発売盤について

久々にCD(&吹奏楽)ネタ。

今月初め頃に、マーキュリー・リヴィング・プレゼンス50と題するクラシックの旧譜再発CDのシリーズが発売になっているのだが、その中に、フレデリック・フェネルとイーストマン・ウィンドアンサンブルによる歴史的名盤、ホルスト、ヴォーン=ウィリアムズ他英国の古典吹奏楽曲の初期録音が含まれているので、その話を少し。

UCCD4760

ホルスト/吹奏楽のための組曲第1番・第2番他/フェネル(ユニバーサル UCCD-4760)

続きを読む "フェネル=イーストマンのホルスト他、2012年再発売盤について" »

2012.11.28

【聴いた】ハーディングNJP、チャイ4春祭

NJP, 20121128新日本フィルハーモニー交響楽団 第501回定期演奏会(サントリーホール)

チャイコフスキー/交響曲第4番
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「春の祭典」
 指揮:ダニエル・ハーディング
 (コンサートマスター:崔文洙)

本日は本年NJP最大に楽しみにしていた定期。
メインプロ2本立てみたいな曲目。
面白かった!

続きを読む "【聴いた】ハーディングNJP、チャイ4春祭" »

2012.11.27

彦坂さん講演&演奏@上野学園

Program_20121125上野の山文化ゾーンフェスティバル 講演会シリーズ/サックスのお話し~その誕生から、ジャンルを超えてゆく未来へ(上野学園・石橋メモリアルホール)

お話・サクソフォン:彦坂眞一郎(上野学園大学准教授)
【クラシック】
A.グラズノフ/コンチェルト
P.クレストン/ソナタ
 Pf:平石愛美
E.ボザ/アンダンテとスケルツォ
 S.Sax中谷弘志・A.Sax中村明日華・T.Sax荒井さつき・B.Sax崔師碩
【ジャズ】
チェイサー(星出尚志) T.Sax:長澤範和
マイ・ファニー・ヴァレンタイン(リチャード・ロジャース)
テイク・ファイヴ(ポール・デズモント)
スペイン(チック・コリア)
 Pf:阿部篤志

連休の最終日(25日)は、こんな催しを見に(聴きに)行ってきた。
上野の山文化ゾーンフェスティバルというのは、区(台東区)が音頭を取って開催している地域文化祭のようなもので、地域のお祭りとしてこんな立派なものが成立しちゃうというのはさすが上野地区。
入場無料。ホールのフレンズ会員になっている石橋メモリアルホールから案内を貰ってこの催しのことを知り、メールで申し込んで整理券を受け取ったのだ。

続きを読む "彦坂さん講演&演奏@上野学園" »

2012.11.25

英国水彩画展

Bunkamuraミュージアムで開催中の「巨匠たちの英国水彩画展」を観てきた。

マンチェスター大学ウィットワース美術館のコレクションによる、大規模な水彩展。
70人近い出展作者のうち、知っている名前はターナー、ロセッティ、ミレイ、バーン=ジョーンズら10人にも満たなかったが、有名なターナーを準備する18世紀からの先人たちの系譜と伝統がうまく整理されていた。

Watercolours 2012

続きを読む "英国水彩画展" »

2012.11.24

【聴いた】ブルゴス読響、全部アンコール

YNSO, 20121124読売日本交響楽団 第554回名曲シリーズ(サントリーホール)

グリーグ/「ペール・ギュント」から 朝、アニトラの踊り
ゲーゼ/タンゴ「ジェラシー」
アルヴェーン/「山の王」から 羊飼いの少女の踊り
シベリウス/悲しきワルツ
ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
ファリャ/「恋は魔術師」より パントマイム、火祭りの踊り
アルベニス/「スペイン組曲」から セビリア、グラナダ
チャピ/サルスエラ「人騒がせな娘」前奏曲
ヴェルディ/歌劇「椿姫」第1幕への前奏曲(曲目変更)
マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
ビゼー/「アルルの女」から メヌエット、ファランドール
 指揮:ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス
 (コンサートマスター:デヴィッド・ノーラン)

読響名誉指揮者、1933年生まれの巨匠ブルゴス、2年ぶりの登場。
2年前にも披露した(曲目はもちろん異なるが)、「オール・アンコールピース・コンサート」を今年も。

続きを読む "【聴いた】ブルゴス読響、全部アンコール" »

2012.11.23

【聴いた】小泉都響ベートーヴェン

TMSO, 20121123東京都交響楽団 プロムナードコンサート#351(サントリーホール)

ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲(Vn:矢部達哉)
同 /交響曲第7番
 指揮:小泉和裕
 (コンサートマスター:四方恭子)

三連休とやらが始まった。
雨模様の初日は、都響のプロムナードコンサート。
プロムナードコンサートはセット券を持っているのだけれど、なんだかんだで行けないことが多くて、今シーズンはまだ二度め。
これ以上シンプルなプログラムはあんまりないと思う、ベートーヴェン・プロ。

続きを読む "【聴いた】小泉都響ベートーヴェン" »

2012.11.22

ふりかえりその6、モーフィンQ、マスタークラス

17日の土曜日は、昨年の大阪国際室内楽コンクールで優勝したフランスのサクソフォン四重奏団、モーフィン・カルテットの優勝記念ツアーの東京公演だったのだが、練習日のため行けず。
残念に思っていたら、翌18日にアンナホールで音大生カルテットを対象とした公開レッスンが開かれる(しかも入場無料)、という話を聞きつけ、行ってきた。

モーフィン・カルテット(Quatuor Morphing)マスタークラス・レッスン(ノナカ・アンナホール)

受講者・曲目
デザンクロ/サクソフォン四重奏曲(1、2楽章)
 昭和音楽大学
 (S神保佳祐・A細川慎二・T牧野遼介・B奥野祐樹)
リヴィエ/グラーヴェとプレスト
 国立音楽大学
 (S浜田由美・A岡田恵実・T西田剛・B鈴木響子)
通訳:大石将紀

続きを読む "ふりかえりその6、モーフィンQ、マスタークラス" »

2012.11.21

ふりかえりその5、角口圭都(Sax)

Keito2012111717日(土曜)は、あんまり楽器を吹かないまま終わった(笑)演奏会後初のアンサンブル練習のあと、メンバー3人で連れ立って角口圭都さんの東京リサイタルへ。

角口圭都(Sax)&弘中祐子(Pf) my favorites(名曲喫茶カデンツァ)

ドビュッシー/ラプソディ
ロバ/ワークソング
トマジ/バラード
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
ヴィヴァルディ/四季より
ピアソラ/アディオス・ノニーノ

続きを読む "ふりかえりその5、角口圭都(Sax)" »

2012.11.18

ふりかえりその4、小倉大志サクソフォンリサイタル

20121111小倉大志 サクソフォンリサイタル(さいたま市・プラザノース)

ドビュッシー/星の夜
同 /ラプソディ
デニゾフ/ソナタ
真島俊夫/モリコーネ・パラダイス*
モリネッリ/ニューヨークからの4つの絵*
伊藤康英/琉球幻想曲†
 大嶋千暁(Pf)
 *長谷部恵美・広川優香(Vn)、石川可奈子(Va)、布施公崇(Vc)、中村杏葉(Cb)、柴田久徳(Perc)
 †Tsukuba Saxophone Quartet

この週末もいろいろある(あった)のだが、まずは先週のふりかえりの残り。
11日の続き。
もう1週間が経ってしまった。

続きを読む "ふりかえりその4、小倉大志サクソフォンリサイタル" »

2012.11.16

【聴いた】宮本シティフィル、フォーレのレクィエム

TCPO, 20121116東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第263回定期演奏会(東京オペラシティ・コンサートホール)

ビゼー/交響曲ハ長調
フォーレ/レクィエム
 Sp:幸田浩子、Br:河野克典
 東京シティ・フィル・コーア(合唱指揮:藤丸崇浩)
 指揮:宮本文昭
 (コンサートマスター:戸澤哲夫)

宮本さんのフランス音楽!しかもフォーレのレクィエム!
こんな本格的なフランス音楽を宮本さんの指揮で聴くのは初めてだし、演奏されるのもおそらく初めてに近いんじゃないかと思う。
博打のような気分で聴き始めたけれど、どうしてどうして、立派なもんじゃないですか!
今までに聴いた宮本さん指揮の演奏の中でも一番感心したかも。

続きを読む "【聴いた】宮本シティフィル、フォーレのレクィエム" »

2012.11.15

【聴いた】NHK音楽祭…ゲルギエフ、マリインスキー劇場

20121115NHK音楽祭2012-マリインスキー劇場管弦楽団演奏会(NHKホール)

メシアン/キリストの昇天
シベリウス/ヴァイオリン協奏曲(Vn:レオニダス・カヴァコス)
プロコフィエフ/交響曲第5番
 指揮:ワレリー・ゲルギエフ

ふりかえりは一時中断して、今日聴いた演奏会の覚書を少し。

先日のマゼール=N響に続いての、NHK音楽祭公演。
「NHK音楽祭」という名前だけど、全面的にNHKの公開録画のカメラが入っているというだけで、実際はごくふつうのオーケストラ・コンサートである。
客入りは上々だったが(チケットも安いし)、2階の奥は空いていて、マゼール=N響のときのような、立錐の余地もない満席、とまでは行かなかった。

続きを読む "【聴いた】NHK音楽祭…ゲルギエフ、マリインスキー劇場" »

2012.11.14

ふりかえりその3、トゥジュールSaxQ.

Toujours Saxophone Quartet, 2012トゥジュール・サクソフォン クァルテット・いつもサックス!!2012・東京公演(アーティストサロンDolce)

プラネル/バーレスク
フランセ/小四重奏曲
櫛田胅之扶/万葉
バーンスタイン/キャンディード序曲
ピアソラ/天使の死
メンバープロデュースお楽しみコーナー♪
吉松隆/アトムハーツクラブカルテット

11日。
告知記事にも書いた通り、関西からの友人たちを迎え撃つ日曜日。

続きを読む "ふりかえりその3、トゥジュールSaxQ." »

2012.11.13

ふりかえりその2、風ぐるま(高橋悠治・栃尾克樹・波多野睦美)

201211099日(金曜日)。

風ぐるま~時代を越えて音楽の輪を回す(トッパンホール)

ばらよりも甘く/ダイドーのラメント(ヘンリー・パーセル)*¶†
もう泣かないで(ロジャー・クィルター)*†
アダムは横たわって/恋人たちの春(ピーター・ウォーロック)*†
葬式/白いシャツ(フランソワ・クープラン)¶†
鳥籠*¶†
突然の別れの日に*¶†
六番の御掟について*¶†(以上 高橋悠治/辻征夫・詞、初演)
ファンタジア第6番、第7番(ゲオルク・フィリップ・テレマン)¶
「マタイ受難曲」より 私を憐れんでください(J.S.バッハ)*†
ソナタOp.1-3(バルダッサーレ・ガルッピ)†
膀胱結石手術図(マラン・マレ)*¶†
アンコール:
 胸の振り子(服部良一/サトウハチロー・詞)
 ねむれない夜(高橋悠治/岡真史・詞)
 別れのブルース(服部良一/藤浦洸・詞)

*波多野睦美(声)、¶栃尾克樹(B.Sax)、†高橋悠治(Pf)

私としては勿論、バリトンサックスの栃尾さんの名前があったから行ったようなもんだけれど、それにしても既存のジャンルとかスタイルとかからこれほど離れたコンサート、というより(言葉の最も正確な意味で)ライブ、というのは稀だった。

続きを読む "ふりかえりその2、風ぐるま(高橋悠治・栃尾克樹・波多野睦美)" »

2012.11.12

ふりかえりその1、ファブリス・モレティ(Sax)

先週末から、じっくり噛みしめる間もないまませわしく様々なことを聴いたり感じたり演じたりしていました。
少し立ち止まって、いろいろゆっくり吟味します。

Fabrice Moretti, 20121108まずは8日(木曜日)。

ファブリス・モレティ リサイタルツアー・東京公演(ルーテル市ヶ谷センター)

P.クレストン/ソナタOp.19
P.サンカン/ラメントとロンド
A.デザンクロ/プレリュード、カダンスとフィナーレ
C.パスカル/ソナチネ
P.モーリス/プロヴァンスの風景
P.M.デュボワ/ディヴェルティスマン
 Fabrice Moretti(A.Sax)、服部真理子(Pf)

続きを読む "ふりかえりその1、ファブリス・モレティ(Sax)" »

2012.11.10

歌声集会にて演奏(大室先生と)

9日(金曜)に聴いた、「風ぐるま」と題するコンサートというかライブも実に面白かったのだが、先にまずは今日(土曜日)の話を。

北浦和のYMCA浦和センターにて、しらこばと音楽団さんから急遽指名を受けて、Saxカルテットの本番に参加。
「心のふるさと歌声集会」と題する、主に高齢者を対象に、月に一度集まって昔なつかしい日本の唱歌や抒情歌をみんなで歌おうという趣旨の会に、ゲストで呼んでいただいた。
8月のやはりしらこばと以来のバリトン。

ある理由により、今回この催しをたいへん楽しみにしていた。
この集会で、いつもボランティアでピアノ伴奏をされている方の名を、大室洋子先生という。
芸大をはじめ5つの音大で教え、1988年に早世された日本サクソフォン界の名教師、故大室勇一先生の奥様である。
洋子先生も元々サクソフォン奏者なので、ここはひとつ何か一緒にやりましょう、という御提案をいただいていたのだ。

続きを読む "歌声集会にて演奏(大室先生と)" »

2012.11.09

【告知】エスポワールサクソフォンオーケストラ

ファブリス・モレティ(Sax)のリサイタル(東京公演)に行ってきたところ。
なんとも言いようのない幸せな気分。
詳しくは明日書くとして、とりいそぎ告知を一点。

20121110Espoir Saxophone Orchestra 第11回定期演奏会
2012年11月10日(土)13時30分開場 14時開演
練馬文化センター・小ホール
入場無料

M.グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
A.ハチャトゥリアン/組曲「仮面舞踏会」より
G.ビゼー/歌劇「カルメン」より ほか

出演する知人には行きますと言ってあったんだけど、10日の昼は急遽カルテットの本番が入り、行けなくなってしまった。残念!
是非皆さまで足をお運びください。
私たちと同じく、しかし私たちとはまた別の流儀で、それぞれに音楽の真髄を追求する仲間たちが居るはずです。

2012.11.08

冬に

今日(7日)は立冬だったので、ブログのデザインを冬仕様に変更。
といっても、色が暖色系に変わっただけですけどね。

来年の手帳も買った。

Rido

Ridoのミニプランナーという、伊東屋で売っているドイツ製の蛇腹式の手帳を、もう25年近く使っている。
一覧性の良さという点で他の手帳の追随を許さないんだけれど、近年老眼が進んで、細かい字を書き込むのがだいぶキツくなってきた。
それでも、この使い心地は他では替えがたいので、なんとか頑張って使い続けたいところ。

2012.11.07

エリオット・カーター没

世界最長老の現役作曲家、アメリカ・ニューヨーク在住のエリオット・カーター(1908年生まれ)が5日、亡くなったそうです。103歳。
大往生であります。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012110600536

続きを読む "エリオット・カーター没" »

2012.11.04

【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス4

Tirasi121103東京都交響楽団 インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス〈4〉
11月3日 「作曲家の肖像」シリーズVol.90(東京芸術劇場・コンサートホール)
11月4日(横浜みなとみらいホール)

「少年の不思議な角笛」より 死んだ鼓手/むだな骨折り/番兵の夜の歌/この歌を作ったのは誰?/高き知性をたたえて/塔の中の囚人の歌
 Br:河野克典
交響曲第4番
 Sp:森麻季
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

2回聴いた。
当初は全席完売の初日だけの予定だったが、直前になってみなとみらいのチケットが知り合いから回ってきたのだ。

続きを読む "【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス4" »

2012.11.03

【告知】今年もToujours(トゥジュール)

関西のプロフェッショナル・サクソフォンカルテット、トゥジュール・サクソフォンクァルテットの東京公演が今年も近づいてきた。
過去二度の東京公演で、こちらでも地道にファンを増やしつつある。
本拠地大阪での公演がちょうど成功裏に終わったと思われる折、今回もまた勝手に告知宣伝など。

Toujours Saxophone Quartet, 2012トゥジュール・サクソフォン クァルテット・いつもサックス!!2012
【東京公演】11月11日(日)14:00開演
 会場:アーティストサロンDolce(東京・新宿)
料金:\3,000 学生\1,500
曲目:
プラネル/バーレスク
フランセ/小四重奏曲
櫛田胅之扶/万葉
バーンスタイン/キャンディード序曲
ピアソラ/天使の死
吉松隆/アトムハーツクラブカルテット
メンバープロデュースお楽しみコーナー♪ 他

続きを読む "【告知】今年もToujours(トゥジュール)" »

2012.11.02

【聴いた】ブロムシュテット、バンベルク交響楽団

Bamberger Symphoniker, 20121101バンベルク交響楽団(サントリーホール)

ベートーヴェン/
交響曲第3番「英雄」
交響曲第7番
 指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット

11月は久々の外来オーケストラで明けた。
バイエルン州の古都バンベルクのオーケストラ、指揮はその名誉指揮者ブロムシュテット、85歳。
ベートーヴェンのエロイカ&7番、というど真ん中ストレートの曲目。
素晴らしかった!

続きを読む "【聴いた】ブロムシュテット、バンベルク交響楽団" »

2012.11.01

【聴いた】ピアノと3saxによる、フランス音楽

20121031ピアノと3本のサックスによる演奏会(古賀政男音楽博物館・けやきホール)

サン=サーンス/デンマークとロシアの歌によるカプリス
ドビュッシー/プルミエ・ラプソディ
フォーレ/組曲「ドリー」
ドビュッシー/ラプソディ
フォーレ/ピアノ四重奏曲第1番
 伊藤富美恵(Pf)
 原博巳・大石将紀・貝沼拓実(Sax)

10月の最後の日は、代々木上原のけやきホールへ。
ここ最近、サクソフォン絡みの催しというとこの会場が多い。
パリ音楽院ドラングル・クラスの専任ピアニスト、伊藤富美恵さんを囲んで、フランスにゆかりのあるサクソフォニストが集うという趣向のコンサート。
「ピアノと」3本のサックス、というタイトルはそこに由来する。

続きを読む "【聴いた】ピアノと3saxによる、フランス音楽" »

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »