2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】クローバー2012 | トップページ | 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ »

2012.10.17

【聴いた】インバル都響ブラームス1、3

TMSO, 20121017東京都交響楽団 第742回定期演奏会(東京文化会館)

ブラームス/
交響曲第3番
交響曲第1番
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

東京文化会館、小ホールが隙間なく埋まった風景も壮観だけれど、2300席の大ホールが上から下まで満員というのもまた、見事なもんである。
10月のインバル=都響はブラームスの交響曲全集。本日は奇数番day。

どちらも速めのテンポでずんずん進むが、飛ばしている感じは全然ない。
密度のぎっしり詰まった筋肉質の音楽が、目を離させない。
かと思うと、緩徐楽章ではぐっとスピードを落として、暗めの音色で陰影に富んだ表現をじっくりと聴かせる。
「1番」がインバル向きですばらしいのは予想通りだけど(都響とは既にCDも出しているし、フランクフルト放送響との全集CDも「1番」が圧倒的な名演だった)、例えば「3番」の最後、急に辺りが真っ白になって、明るい、しかし何もない世界に連れ去られて終わるようなあの感じには、息を呑んだ。

両曲とも木管は当然のごとく倍管。
コンマス矢部さんはじめ(この20数年で何度この人のブラ1のソロを聴いたことか)、Fl柳原さん、Ob鷹栖嬢(なんと倍管のサブのほうに広田さんの姿が)、Cl三界さん、Hn有馬さん等々、都響の名手たちの見事なソロが明滅した。

来週の偶数番も楽しみだ。
(その頃には自分もでかい本番がひとつ終わっているのだなあ。)

« 【聴いた】クローバー2012 | トップページ | 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】クローバー2012 | トップページ | 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ »