2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】雲カル2012 | トップページ | トルヴェール・クヮルテット25周年 »

2012.10.06

新宿文化センターにて

ただいま、20日の「なめら~か」定期演奏会プログラム用の曲目解説を絶賛執筆中。
他のネタはしばらく後回しにて進行します。

4日(木)。
最近かかわるようになったアマチュア吹奏楽団のリハーサルのため、夜は新宿文化センターの大ホールへ。

20121004

新宿文化センター開館30周年の記念行事のため(実際の30周年はもうちょっと前のはずだが)、八木澤さんにオルガンと吹奏楽のためのファンファーレの作曲を委嘱したのだそうで、今日は土曜日の初演を控えてのオルガン合わせ。
オルガンという楽器それ自体の壮麗で厳格なありようは、アマチュア奏者がそこに絡んでゆくにはなかなかの難物である。
細かな練習が続いた。

大ホールには久々に入ったけれど、出来て30年も経ったら、中はそれなりに年季の入った雰囲気になってきたことに気付き、感慨深かった。
サントリーホールに始まる東京圏でのコンサート専用ホールの開館ラッシュに少し先立ってできた会場で、当時としては典型的な公営の多目的ホールながら響きはそれなりに良く、私自身も学生の頃から何度も乗ったし、開館当初はプロオケの定期演奏会や外来オーケストラの会場としても使われたのを覚えている。
アルフレッド・リード博士の日本初舞台はこのホールでしたよ。1981年3月の東京佼成WO定期(私はチケット持ってたけど行けなかった)。

あれから30年かあ。
懐かしいな。

« 【聴いた】雲カル2012 | トップページ | トルヴェール・クヮルテット25周年 »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】雲カル2012 | トップページ | トルヴェール・クヮルテット25周年 »