2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ | トップページ | 【終了】なめら~か第12回 »

2012.10.20

【聴いた】ラザレフ日フィル、プロコフィエフ完走

JapanPhil, 20121019日本フィルハーモニー交響楽団 第644回定期演奏会(サントリーホール)

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲(Vn:川久保賜紀)
プロコフィエフ/交響曲第6番
 指揮:アレクサンドル・ラザレフ
 (コンサートマスター:扇谷泰朋)

自分の大きな本番前日までコンサート三連チャン(しかもプロオケ&常任格の指揮者ばかり)、というのもなかなかないことだが、それにしてもこの3日間はどれも聴き落とすことのできないものばかりだった。
最後の19日(金曜日)。

3年半前から続いていた、ラザレフ=日フィルのプロコフィエフ交響曲全曲シリーズの最終回。
本来なら1年以上前に完結している筈だったのが、最後の回が種々の事情で延びていたのだ。
せっかく今までコンプリートしていたのだから、意地でも聴かねばならなかった。

物凄い演奏だった。
このプロコフィエフのシリーズの、間違いなく頂点を究めた演奏だったし、しかもこのシリーズに限ったレベルの話ではない。
日本フィルにここまでのことができるとは、シリーズが始まった時には私は思いもしなかったし、たぶん誰も予想していなかっただろう。
嘘だと思ったら、今日(20日)も同会場、同一プロのマチネ公演があるので、是非そちらを聴かれたし。
びっくりしますよ。きっと。

私はというと、最初にちょろっと書いた通り、自分の演奏会本番。
頑張る!

« 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ | トップページ | 【終了】なめら~か第12回 »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ | トップページ | 【終了】なめら~か第12回 »