2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

【聴いた】NHK音楽祭…マゼール、N響

image - NHK Music Festival 2012NHK音楽祭2012-NHK交響楽団演奏会(NHKホール)

ベートーヴェン/序曲「レオノーレ」第3番
グリーグ/ピアノ協奏曲(Pf:アリス・紗良・オット)
チャイコフスキー/交響曲第4番
 指揮:ロリン・マゼール

月曜日(29日)。
NHK音楽祭。この季節恒例、NHKのオーケストラ公開録画祭り。
毎年この機会を利用して海外オケを聴いてきたが、今年は初のN響。
指揮は巨匠ロリン・マゼールである!
30年以上前、クラシックを聴き始めたばかりの頃から親しんでいた名前だが、実演は初めて。期待が高まる。
客席は上から下までぎっしり。

続きを読む "【聴いた】NHK音楽祭…マゼール、N響" »

2012.10.30

シャルリエのベートーヴェン、そしてサックスを吹く週末

SSJ, 20121028シンフォニエッタ静岡 Sinfonietta Shizuoka, JAPAN 第26回定期演奏会「シャルリエの芸術」(グランシップ・中ホール「大地」)

ラヴェル/ツィガーヌ*
ドビュッシー/ベルガマスク組曲より「月の光」
長谷川勉/弦楽合奏のための2つの楽章(初演)†
同 /匿名の歌たち
ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲*
 *Vn:オリヴィエ・シャルリエ
 指揮:中原朋哉、長谷川勉 †

日曜日(28日)。
今月2回めの静岡行き。
友人中原氏のオーケストラと、現代最高のヴァイオリン、オリヴィエ・シャルリエ(パリ音楽院教授)のベートーヴェン(と「ツィガーヌ」)を聴いてきた。

続きを読む "シャルリエのベートーヴェン、そしてサックスを吹く週末" »

2012.10.28

【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス3、横浜

TMSO, 20121027インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス〈3〉(横浜みなとみらいホール)

交響曲第3番
 Ms:池田香織
 二期会合唱団(合唱指揮:長田雅人)
 東京少年少女合唱隊(合唱指揮:長谷川久恵)
 東京都交響楽団
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:四方恭子)

マーラー・ツィクルス第3弾は、再びみなとみらいへ。
楽しみにしていた交響曲第3番。
明日(芸劇)には行けないので、横浜に来た。

続きを読む "【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス3、横浜" »

2012.10.27

つれづれに読書

青柳いづみこ著「ドビュッシーとの散歩」(中央公論新社)を読み終えた。

現役の演奏家(ピアニスト)による、達意のエッセイ。
たくさんあるこの著者のドビュッシー本の中でも、たぶん最も読みやすい。
読みやすいといっても内容が軽いとか薄いということは全くなくて、私のような「スレッカラシ」が読んでも充分に面白いし、新鮮な情報もたくさん。
先日のブリヂストン美術館のドビュッシー展に行って、ドビュッシーに興味を持ったんだけど…というような方には、第一にお薦めできる。
単行本としてはちっちゃい判サイズも、親しみやすくてよろし。

続きを読む "つれづれに読書" »

2012.10.26

つれづれにCD

20日の本番が終わってから、ぼーっと過ごしていた。

個々の曲の出来の良し悪しや物理的な完成度はともかく、全体的な達成感や満足感という点では、過去12回の演奏会の中でも屈指のものがあったと思っている。
あ、塩安さんにお礼状書こうと思って、思っただけでまだ書いてなかった。
今週は、本業の仕事もそれなりに忙しく、コンサートにも行かず、ネットにもあまり出没せず。
あれからワタシはいったい何してたんだろうか。

続きを読む "つれづれにCD" »

2012.10.22

【聴いた】インバル都響ブラームス2、4

TMSO, 20121022東京都交響楽団 第743回定期演奏会(サントリーホール)

ブラームス/
交響曲第2番
交響曲第4番
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:山本友重)

新しい週が明けて、今日はインバル=都響のブラームス偶数番day。
今日も全席完売。

続きを読む "【聴いた】インバル都響ブラームス2、4" »

2012.10.21

【終了】なめら~か第12回

サクソフォン・アンサンブル なめら~か 第12回定期演奏会

いろいろありましたがお蔭様で無事に終了しています。
ご来場、ご声援をいただいた皆様、どうもありがとうございました。

続きを読む "【終了】なめら~か第12回" »

2012.10.20

【聴いた】ラザレフ日フィル、プロコフィエフ完走

JapanPhil, 20121019日本フィルハーモニー交響楽団 第644回定期演奏会(サントリーホール)

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲(Vn:川久保賜紀)
プロコフィエフ/交響曲第6番
 指揮:アレクサンドル・ラザレフ
 (コンサートマスター:扇谷泰朋)

自分の大きな本番前日までコンサート三連チャン(しかもプロオケ&常任格の指揮者ばかり)、というのもなかなかないことだが、それにしてもこの3日間はどれも聴き落とすことのできないものばかりだった。
最後の19日(金曜日)。

続きを読む "【聴いた】ラザレフ日フィル、プロコフィエフ完走" »

2012.10.18

【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ

YNSO, 20121018読売日本交響楽団 第553回名曲シリーズ(サントリーホール)

ラヴェル/
バレエ音楽「マ・メール・ロワ」(全曲)
バレエ音楽「ダフニスとクロエ」(全曲)*
 *新国立劇場合唱団(合唱指揮:三澤洋史)
 指揮:シルヴァン・カンブルラン
 (コンサートマスター:デヴィッド・ノーラン)

まるで私に「聴け」と命令しているかのような曲目だ(笑)
雨脚が強まるなか、行ってきた。

続きを読む "【聴いた】カンブルラン読響、100年前のパリ" »

2012.10.17

【聴いた】インバル都響ブラームス1、3

TMSO, 20121017東京都交響楽団 第742回定期演奏会(東京文化会館)

ブラームス/
交響曲第3番
交響曲第1番
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

東京文化会館、小ホールが隙間なく埋まった風景も壮観だけれど、2300席の大ホールが上から下まで満員というのもまた、見事なもんである。
10月のインバル=都響はブラームスの交響曲全集。本日は奇数番day。

続きを読む "【聴いた】インバル都響ブラームス1、3" »

2012.10.16

【聴いた】クローバー2012

静岡より帰還して、翌14日。
朝9時半から、20日の演奏会前最後の練習。夕方4時半までがっつり。
楽器は本番前最終調整のためそのままゼペットに預けた。
まる1日の練習の後に楽器を持たずに電車に乗っていると、まるでどこかに忘れてきたような気分で、時々びくっとする。
そのまま上野へ。

CloverSaxQ, 20121014クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル(東京文化会館・小ホール)

J.S.バッハ(田村真寛編)/トッカータとフーガ ニ短調BWV565
D.スカルラッティ/
ソナタK427(G.ピエルネ編)
ソナタK474(〃)
ソナタK519(M.ミュール編)
A.ベルノー/サクソフォン四重奏曲
J.S.バッハ(田村真寛編)/アリアと種々の変奏BWV988(ゴルトベルク変奏曲)

続きを読む "【聴いた】クローバー2012" »

2012.10.14

ドラングルat静岡2012

Next, 20121013クロード・ドラングル サクソフォン・ライヴII "Next"(静岡音楽館AOI)

ピエール・ブーレーズ/二重の影の対話
ジェラール・グリゼイ/アヌビ=ヌー
マルコ・ストロッパ/ ...of Silence~サクソフォンと室内エレクトロニクスのための(2007静岡音楽館AOI委嘱作品・第2版)
ルチアーノ・ベリオ/セクエンツァIXb
野平一郎/息の道~4つのサクソフォンを奏する1人の奏者と電子音響のための(静岡音楽館AOI委嘱作品・日本初演)
 Claude Delangle(Sax)
 José Miguel Fernandez(コンピュータ音楽デザイン、IRCAM)
 Maxim Le Saux(サウンド・エンジニア、IRCAM)

静岡に行ってきた。
パリ音楽院教授クロード・ドラングルの、今回の日本滞在唯一の公式ライブ。
夢の中のような1日だった。
詳しくは後で書きます。

2012.10.13

【聴いた】秋山シティフィル

TCPO, 20121012東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第262回定期演奏会(東京オペラシティ・コンサートホール)

モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」
ラフマニノフ/交響曲第2番
 指揮:秋山和慶
 (コンサートマスター:松野弘明)

オーケストラのコンサートをいろいろ聴いていると、時々むしょうに秋山さんの指揮が見たくなる時がある。
日本が世界に誇る棒のテクニシャンというだけにとどまらない、音楽を目で見える形にする、というミッションに関するひとつの「規範」としての方だと思っている。
私としては比較的縁遠いオケで活躍されることが多いので、聴ける機会が意外と少なかったのだけれど、シティフィルとの初顔合わせ(!)を聴くことができた。
しかも十八番のラフ2。そしてモーツァルト。
素晴らしかった!

続きを読む "【聴いた】秋山シティフィル" »

2012.10.11

サン=サーンスの夜会

20121010花房晴美 室内楽リサイタル
シリーズ~パリ・音楽のアトリエ/第5集 サン=サーンスの夜会(東京文化会館・小ホール)

C.サン=サーンス/
ワルツ形式の練習曲Op.52-6
マズルカ第3番Op.66
第5協奏曲のフィナーレによるトッカータOp.111-6
ピアノ五重奏曲Op.14
ハバネラOp.83
クラリネットとピアノのためのソナタOp.167
七重奏曲Op.65
 花房晴美(Pf)
 木野雅之・加藤えりな(Vn)、大野かおる(Va)、伊堂寺聡(Vc)、遠藤柊一郎(Cb)
 ニコラ・バルデイルー(Cl)、オッタヴィアーノ・クリストフォリ(Tp)

ピアニスト花房晴美さんによる、「○○の夜会」と題する一人のフランス作曲家の室内楽個展シリーズ。
ドビュッシー、ラヴェルと聴いてきて、フォーレとプーランクは残念ながら聴けず、今日はサン=サーンス。
一番有名な動物のなんたらは含まない渋いプログラムながら、実に素晴らしかった。

続きを読む "サン=サーンスの夜会" »

2012.10.09

トルヴェール・クヮルテット第1回

昨夜、トルヴェール・クヮルテットの25周年コンサートの記事を書いていて思い出したこと。
5年前の20周年コンサートの時に、1991年のトルヴェールの第2回コンサートから2004年までの歴代のチラシ画像を記事にしているのだけれど(こちら)、1989年のデビューリサイタルのそれは残念ながら手元に残っていない。
しかし、プログラムは残っているような気がして、探してみたら見つかった。

19890114

続きを読む "トルヴェール・クヮルテット第1回" »

トルヴェール・クヮルテット25周年

月曜(祝日)は疲労困憊。
再来週の演奏会のプログラム用曲目解説を明け方5時近くに書き上げて、3時間ほど睡眠をとった後、練習へ。
今度は朝10時から夜8時まで吹きづくめ。いま目を覚ましていられるのが不思議だ。

TQ, 20121007昨日(7日)はトルヴェール・クヮルテットの演奏会へ行った。
簡単に覚書など。

トルヴェール・クヮルテット 結成25周年記念コンサート(第一生命ホール)

長生淳/トルヴェールの惑星より「彗星」
アルベニス(M.ミュール編)/セビーリャ
クレリス/かくれんぼ
サンジュレー/サクソフォン四重奏曲第1番
パスカル/サクソフォン四重奏曲
ラヴェル(新井靖志編)/弦楽四重奏曲
長生淳/デューク・エリントンの時代から(Duke's Time)

続きを読む "トルヴェール・クヮルテット25周年" »

2012.10.06

新宿文化センターにて

ただいま、20日の「なめら~か」定期演奏会プログラム用の曲目解説を絶賛執筆中。
他のネタはしばらく後回しにて進行します。

4日(木)。
最近かかわるようになったアマチュア吹奏楽団のリハーサルのため、夜は新宿文化センターの大ホールへ。

20121004

続きを読む "新宿文化センターにて" »

2012.10.02

【聴いた】雲カル2012

KumoiQ, 20120930雲井雅人サックス四重奏団 第10回定期演奏会~デイヴィッド・マスランカ氏を迎えて(ヤマハホール)

J.S.バッハ(D.マスランカ編)/サクソフォン四重奏のための「アリアと30の変奏」(ゴルトベルク変奏曲)
D.マスランカ/来たるべき日への歌(委嘱作品・初演)

日曜(9月最終日)は、前日から台風上陸の予告の喧しい中、横浜にて朝10時からアンサンブルの練習三昧。
3時で終えて、不気味に静かな空の下、銀座へと急ぐ。
東海道線がどんどん間引き運転されており、いつもよりも時間がかかって、開演ぎりぎりにヤマハホールに駆け込む。
全席完売のはずだが、さすがにチラホラと空席が見える。まあこの天気では仕方ないか。

続きを読む "【聴いた】雲カル2012" »

2012.10.01

【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス2

TMSO, 20120929東京都交響楽団 「作曲家の肖像」シリーズVol.88~インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス〈2〉(東京芸術劇場・コンサートホール)

交響曲第2番「復活」
 Sp:澤畑恵美
 Ms:竹本節子
 二期会合唱団(合唱指揮:長田雅人)
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

続きを読む "【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス2" »

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »