2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 日本美術と西洋音楽の週末 | トップページ | 【聴いた】操美穂子(Harp) »

2012.09.12

【聴いた】広上シティフィル、古典の粋

TCPO, 20120912東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第261回定期演奏会(東京オペラシティ・コンサートホール)

モーツァルト/交響曲第31番「パリ」
同 /フルートとハープのための協奏曲
 Fl:高木綾子、Hp:吉野直子
ハイドン/交響曲第102番
 指揮:広上淳一
 (コンサートマスター:戸澤哲夫)

面白かった!
このプログラムが、なんでこんなに面白いのか。

音の並び方や積み重ね方そのものの面白さとでも言うのか。
音が、言葉ではないけれど、まるで言葉のように意味が通って、一刻も目を(耳を)離せない。
ハイドンのフィナーレ、音がこんなにも「生きている」様をまさに目前にするのって、これだけたくさん演奏会に通っていてもそうそうない経験である。
ハイドンの、そして「音楽」の本質を表すためならどんなことも厭わない広上さんの八方破れの指揮法、ブラヴォーだ。
オーケストラは、弦が上から12-10-8-8-6という、低音を拡大した変則12型。
最近の流行りとは一線を画す、ゴージャスで分厚い響きが快い。

モーツァルトも、特に目先の変わったことはないけれど、充実の極み。
「フルート&ハープ」は、高木さんのビュンビュン音の飛んでくる「男前」なフルートと、内面的といってもいい繊細さをみせる吉野さんのハープの対比が面白かった。それもまた音楽。

« 日本美術と西洋音楽の週末 | トップページ | 【聴いた】操美穂子(Harp) »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本美術と西洋音楽の週末 | トップページ | 【聴いた】操美穂子(Harp) »