2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012.09.30

【聴いた】オーボエ・ガラ~ブルグとシェレンベルガー

20120928第10回国際オーボエコンクール・軽井沢 記念ガラ・コンサート(東京文化会館・小ホール)

ゼレンカ/トリオソナタ第6番
J.S.バッハ/フーガの技法よりI、XI
ムソルグスキー/「展覧会の絵」より(オーボエ・バンド版)

モーツァルト/オーボエ協奏曲
 ジェローム・ギシャールOb
ヴィヴァルディ/オーボエ協奏曲
 モーリス・ブルグOb
モーツァルト/協奏交響曲(Ob、Cl、Hn、Bnのための)
 辻功Ob、ラリー・コムズCl、森雅文Hn、吉田将Bn
 東京フィルハーモニー交響楽団
 指揮:ハンスイェルク・シェレンベルガー

9月は台風がやってきたなか暮れようとしている。
この週末もいろいろ。順番に覚書きなど。

29日(金)はモーリス・ブルグ、シェレンベルガー他、ソニー主催の国際オーボエコンクールの審査員、過去入賞者による、超豪華コンサート。
当然ながら会場内はオーボエ吹きで一杯で、そんな知り合い達と顔を合わせては、「いや~Thunderさん、こんなところでお会いするとは」とか言われることになる。
「こんなところ」どころか、私にとっては当然行くべき場所であり聴くべき音楽なんですけどね。

続きを読む "【聴いた】オーボエ・ガラ~ブルグとシェレンベルガー" »

2012.09.29

【聴いた】今週のライブ(9/23、25)

YNSO, 20120923読売日本交響楽団 第552回名曲シリーズ(サントリーホール)

ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
スクロヴァチェフスキ/クラリネット協奏曲(日本初演)
 Cl:リチャード・ストルツマン
ワーグナー(ヘンク・デ・フリーヘル編)/楽劇「トリスタンとイゾルデ」~オーケストラル・パッション
 指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
 (コンサートマスター:小森谷巧)

続きを読む "【聴いた】今週のライブ(9/23、25)" »

2012.09.27

イベールのCD、「海の交響曲」とか

昨年のサクソフォン交流会の景品にも使った(当時の関連エントリはこちら)、マルティノン、フレモー他によるイベール作品集のEMI原盤2枚組のCDが、なんと先日、イベールの没後50年を記念して?日本語解説付きで国内発売されてしまった。

Jacques Ibert, CD
EMIミュージックジャパン TOCE16232~3

収録されている音源自体は私はすべて既に持っているんだけど、ご祝儀の意もあって購入。
ライナーノートにもあるとおり、この1枚で「イベールのすべてがわかる」と言っても決して言い過ぎではないこのCD、フランス音楽、オーケストラ、サクソフォンという私の嗜好的にもたいへん興味深い見地を含んでおり(だからこそ交流会の景品に選んだのだ)、このたびの国内発売は大層めでたい。

続きを読む "イベールのCD、「海の交響曲」とか" »

2012.09.26

急に涼しくなった1日。

本家サイト(Thunder's WEB)のトップ画像を、8月に阿蘇の大観峰から撮った写真に替えました。
ああ、夏も終わりだなあ。…

2012.09.24

【告知】なめら~か第12回

Nameraka2012この土日(9/22、23)は(実は毎年おなじみ)「強化練習」、と称して、朝から夕方まで(晩まで、でないところが年齢相応)、ソプラノサックスを吹き続け、下唇の裏が痛くてしょうがない。
ということで、本番1ヶ月前を切ったので、今年も以下告知させていただきます。
私自身の演奏活動すべての中核です。

サクソフォン・アンサンブル なめら~か 第12回定期演奏会

2012年10月20日(土)19時開演 横浜みなとみらいホール・小ホール
全席自由・入場無料(整理券等は不要です)

曲目:
原博/サクソフォン四重奏のための「セレナード」より
C.パスカル/サクソフォン四重奏曲
櫛田胅之扶/サクソフォン四重奏のための「万葉」
L.バーンスタイン/「キャンディード」序曲
C.ドビュッシー/小組曲 《ドビュッシー生誕150年》
P.デュカス/魔法使いの弟子

後援:日本サクソフォーン協会

続きを読む "【告知】なめら~か第12回" »

2012.09.21

【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス1、上野

TMSO, 20120920東京都交響楽団 第741回定期演奏会~インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス〈1〉(東京文化会館)

20日。
16日にみなとみらいで聴いたのと同じ、インバル=都響のマーラー「巨人」。
同じ演奏者の同じプログラムを違う会場で二度聴く、というのはあまりできない経験だけど、いろいろな意味でたいへん興味深く貴重なものを感じとることができる(インバル師の就任披露の「千人」の時もそうだった。あのときはミューザとサントリー)。

続きを読む "【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス1、上野" »

2012.09.20

ガッティのドビュッシー

もうひとつ、「新着音盤」カテゴリで書いてみる。
ドビュッシーのCDです。最近ドビュッシーの話ばかりで申し訳ない。
しかし、素晴らしいCDです。

Sony, SICC1540

ドビュッシー/海、牧神の午後への前奏曲、映像
ダニエレ・ガッティ指揮 フランス国立管弦楽団(Sony SICC1540)

続きを読む "ガッティのドビュッシー" »

2012.09.19

TOYSPARKのCD

サクソフォン、ピアノ、パーカッションという女性3人編成のユニット、TOYSPARKのデビューCD、「one」。

Toyspark CD

何かのアイコンとかそういうのではなく(笑)、こういうジャケットなんです。

続きを読む "TOYSPARKのCD" »

2012.09.18

ブルーオーロラ、ブルー・バッハ

Tirasi120917三連休の最終日は、ソプラノサックス片手に終日外出。
時折雨のぱらつく蒸し暑い1日だったが、なんとか傘は使わずに済んだ。

昼は渋谷のアクタスにて、ブルーオーロラ・サクソフォンカルテット(BASQ)の、セカンドアルバム発売記念コンサートへ。

続きを読む "ブルーオーロラ、ブルー・バッハ" »

2012.09.16

【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス1、横浜

TMSO, 20120916インバル=都響 新・マーラー・ツィクルス〈1〉(横浜みなとみらいホール)

さすらう若人の歌
 Br:小森輝彦
交響曲第1番「巨人」
 東京都交響楽団
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:四方恭子)

われらが都響とインバルの、2年がかりのマーラー全曲演奏シリーズがいよいよ開幕。
すばらしく幸先の良いスタートとなった。

続きを読む "【聴いた】インバル都響マーラーツィクルス1、横浜" »

2012.09.15

相変わらず暑い。
もはや「残暑」とは呼べないような、「真夏」がもう2ヶ月以上続いている。

土曜日は、恒例の青梅へ。
雨が降ったという訳でもないのに、見事な虹を見ることができた。

20120915

2012.09.14

【聴いた】操美穂子(Harp)

20120913操美穂子 ハープリサイタル(横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール/音楽ホール)

L.シュポーア/幻想曲
C.D.v.ディッタースドルフ/ハープ協奏曲
M.グランジャニー/ラプソディOp.10
G.フォーレ/パヴァーヌ†*
岩本渡/組曲「森の画集」(委嘱作品)†
C.ドビュッシー/神聖な舞曲と世俗的な舞曲
 †吉岡次郎(Fl)、*伴野剛(Va)

今日はふとしたご縁があって、ハープのリサイタル。
りす顔のとても利発そうな若い女性ハーピストで、都響はじめ在京オケにもよく乗られている方だ。

続きを読む "【聴いた】操美穂子(Harp)" »

2012.09.12

【聴いた】広上シティフィル、古典の粋

TCPO, 20120912東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第261回定期演奏会(東京オペラシティ・コンサートホール)

モーツァルト/交響曲第31番「パリ」
同 /フルートとハープのための協奏曲
 Fl:高木綾子、Hp:吉野直子
ハイドン/交響曲第102番
 指揮:広上淳一
 (コンサートマスター:戸澤哲夫)

面白かった!
このプログラムが、なんでこんなに面白いのか。

続きを読む "【聴いた】広上シティフィル、古典の粋" »

2012.09.11

日本美術と西洋音楽の週末

20120909

さきの土日は、熱海にいた。
のんびりできる週末はこれでしばらく打ち止めかな。
熱海の山上、MOA美術館の能楽堂で催された、シンフォニエッタ静岡の熱海室内楽定期を聴いた。
写真は、美術館のロビーから見下ろす熱海港と相模湾。

続きを読む "日本美術と西洋音楽の週末" »

2012.09.08

【聴いた】アルミンクNJP、2012シーズン開幕

NJP, 20120907新日本フィルハーモニー交響楽団 第498回定期演奏会(サントリーホール)

フランツ・シュミット/歌劇「ノートル・ダム」より 第1幕への序奏、間奏曲、謝肉祭の音楽
モーツァルト/交響曲第31番「パリ」
ドビュッシー/管弦楽のための映像
 指揮:クリスティアン・アルミンク
 (コンサートマスター:崔文洙)

新日フィルの秋シーズン定期もスタートした。

続きを読む "【聴いた】アルミンクNJP、2012シーズン開幕" »

2012.09.06

【聴いた】冨岡祐子(Sax)、スペクトル音楽

20120904Series Focus Vol.2~Musique spectrale(古賀政男音楽博物館・けやきホール)

ドビュッシー/ラプソディ(A.Sax・Pf)
同 /ビリティスの3つの歌(Sop・Pf)
G.シェルシ/3つの小品(S.Sax)
レクチャー(「スペクトル音楽」について) 佐藤淳一
T.ミュライユ/別離の鐘、微笑み~オリヴィエ・メシアンの想い出に(Pf)
Ph.ルルー/緑なすところ~ジェラール・グリゼイへのオマージュ(S.Sax・Sop)
B.マントヴァーニ/霧雨の白熱(S.Sax・Pf)
 冨岡祐子(Sax)、田中麻理(Sop)、羽石道代(Pf)

4日(火曜日)。
始まる前は、冨岡祐子さん(アテナQ.のテナー奏者である)のリサイタルだと思っていた。
でも聴いてみたら、そう単純な話ではなかった。
6曲中降り番が2曲もあるし(全ての曲が異なる編成だった)。

続きを読む "【聴いた】冨岡祐子(Sax)、スペクトル音楽" »

2012.09.04

【聴いた】都響現代音楽祭り

TMSO, 20120903東京都交響楽団 第740回定期演奏会《シリーズ・日本管弦楽の名曲とその源流-16》(東京文化会館)

松平頼暁/室内オーケストラのための「コンフィギュレーション」I・II
同 /オーケストラのための「螺旋」
ベリオ/協奏曲第2番「エコーイング・カーヴ」(日本初演)
 Pf:岡田博美
 指揮:高関健
 (コンサートマスター:山本友重)

都響は毎年、年明け1月が恒例現代音楽祭りだったけれど、今年は秋シーズン開幕いきなりにずれ込んだ。
しかも、プロデューサーが一柳慧センセイに代わってからというもの、聴く側にとってもおそらく演奏する側にとっても、極限のような激烈さを味わわされることになる。

続きを読む "【聴いた】都響現代音楽祭り" »

2012.09.03

ホール夫人委嘱作品一覧

先日、ドビュッシーの「ラプソディ」の自筆譜のことを書いた際に、この作品の委嘱者であるボストン在住の裕福なアマチュア奏者、エリーズ・ボイヤー(エリザ)・ホール夫人のことについて触れたが、そういえばホール夫人が委嘱したサクソフォンのための作品全22曲の一覧表が昔のサクソフォン協会の会報に載っていたことを思い出し、探してみたら見つかった。

ドビュッシーの他、シュミット(伝説)とダンディ(コラール・ヴァリエ)は有名だけれど、他の委嘱作品全部の一覧というのはありそうで意外と見つからない、しかし重要な基礎資料であり、ネット上にも見当たらないようなので、思い立って以下に転記してみた。

続きを読む "ホール夫人委嘱作品一覧" »

2012.09.02

【聴いた】クープラン、ラモー、鳥たち

20120902クープラン&ラモー クラヴサン作品全曲シリーズ・第5回 自然の音画1.鳥たち(上野学園エオリアンホール)

フランソワ・クープラン/
「クラヴサン奏法」から 前奏曲第2番ニ短調
「クラヴサン曲集第3巻」第14オルドル ニ長調/ニ短調

ジャン=フィリップ・ラモー/
「クラヴサン曲集」から 鳥の呼び戻し
「新クラヴサン組曲集」から 雌鳥

フランソワ・クープラン/
「クラヴサン曲集第2巻」第8オルドル ロ短調
 曽根麻矢子(Clavecin)

久しぶりに(25日ぶりだとか)真夏日から解放された東京。
9月、今コンサートシーズンの始まりは私としてはとても珍しく、古楽の演奏会から。

続きを読む "【聴いた】クープラン、ラモー、鳥たち" »

2012.09.01

東京芸術劇場、再開

今日、池袋を通ったついでに、1年半におよぶ改修工事を終えて本日新装オープンの東京芸術劇場に立ち寄ってきた。

20120901

うわぁ、あの大ホール(5階)までぶち抜きの大エスカレーター、本当に無くなってるwobbly
今日はロビーを一回りしてきただけだけれど、それだけでなくずいぶん雰囲気が変わった感じがする。

続きを読む "東京芸術劇場、再開" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »