2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« イベールのCD、「海の交響曲」とか | トップページ | 【聴いた】オーボエ・ガラ~ブルグとシェレンベルガー »

2012.09.29

【聴いた】今週のライブ(9/23、25)

YNSO, 20120923読売日本交響楽団 第552回名曲シリーズ(サントリーホール)

ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
スクロヴァチェフスキ/クラリネット協奏曲(日本初演)
 Cl:リチャード・ストルツマン
ワーグナー(ヘンク・デ・フリーヘル編)/楽劇「トリスタンとイゾルデ」~オーケストラル・パッション
 指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
 (コンサートマスター:小森谷巧)

23日。
土日、朝から吹きづくめの2日間の後に行ったのは、さすがに体力的に厳しくて、前半は正直よく覚えていないけれど(苦笑)、でもストルツマンはとても70には見えなかった。終演後は大袈裟なまでの身振りで(お辞儀はほとんど90°直角)、作曲者/指揮者のミスターSを立てていたのが印象的。
後半のワーグナー(オーケストラによるハイライト、約1時間。区切り無し)はとても良かった。
ワーグナーというよりはまるでドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」を聴くような、繊細で夢幻的で浄化されたサウンドが素晴らしかった。
日本のオーケストラでこんな音、聴いたことがないぞ。

20120925グループピアニスツ・マラソンコンサート2012 第2夜(東京オペラシティ・リサイタルホール)

友人のピアノのジョイントリサイタルに行ってきた(25日)。
最初の2人は聴けず、まずセヴラックの「セルダーニャ」抜粋、お目当ての友人はヒナステラのピアノソナタから3、4。続いて「子供の情景」と「ワルトシュタイン」。
曲目的にはバラバラだけど、それぞれの人の個性にはとてもよく合っていて、また通底する落ち着いた響きの美観のようなものがあって、良かった。

« イベールのCD、「海の交響曲」とか | トップページ | 【聴いた】オーボエ・ガラ~ブルグとシェレンベルガー »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

25日はいらして下さりありがとうございました。
Thunderさんからピアノ弾きなんですね〜と言われ、
そういえばサックスを持っている自分でしか会ってないかな?
なんて思ったりしました。まだまだ精進しないとですね(汗

あっ、お疲れさまでした。ってもう半月も前なんですね。
いえ、ピアノを弾いてる姿も2~3回(もっと)は見ているはずなんですが。
また聴かせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イベールのCD、「海の交響曲」とか | トップページ | 【聴いた】オーボエ・ガラ~ブルグとシェレンベルガー »