2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 「ドビュッシー、音楽と美術」 | トップページ | 第25回サクソフォーン発表会 »

2012.08.11

【聴いた】山田和樹NJP、ラヴェル&サン=サーンス

NJP, 20120811新日本フィルハーモニー交響楽団 新・クラシックへの扉 第24回(すみだトリフォニーホール)

ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ
同 /ピアノ協奏曲
 Pf:萩原麻未
サン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付き」
 Org:室住素子
 指揮:山田和樹
 (コンサートマスター:崔文洙)

ある方に行けなくなったチケットを譲っていただいて行ってきた。
自分の本番の前の日に、こういうコンサートが聴けるというのは嬉しい。
しかも、メインプロは明日と同じサン=サーンスの、こちらは最高傑作である!

ヤマカズ君の指揮は、その年齢(33歳)が信じられないくらい、巨匠のように落ち着き払った客観的なものだった。
棒でテンポを示す、という最低限のことすらしていない場面が多々あって、いったいどういうリハーサルの仕方をしたのか興味津々だ。
結果的にまるで威圧感も人工臭もない、自然の恵みのような悠大な音楽の流れが現出することになる。

萩原さんはやはり「天才」、だった。
とはいえ、ドイツのオケは全く付いて行けなかったあの奔放な超速テンポに、新日フィルはちゃんと付いて行くため、むしろ「普通」に聞こえたのも確か。
今日はそれよりも、オケの方がデリカシー無く聞こえるほどの弱音の繊細さ(アンコールの「亜麻色の髪の乙女」も凄かった)に感銘を受けた。
オケは、ホルンの吉永さんさすが上手かった!

終演後の夕方は、自分の練習のためスタジオ入り。
サクソフォーン発表会本番、いよいよ明日となりました。
今やっているサン=サーンスのソナタも、明日で一旦終わりだけど、今回はいつもになく名残惜しい感が強い。
いずれまた、出逢う機会のありますように。

« 「ドビュッシー、音楽と美術」 | トップページ | 第25回サクソフォーン発表会 »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

私も行ってましたが、Thunderさんもいらっしゃってたんですね!
萩原さんが聴きたくて、チケット買いました。
アンコールまで、今まで聴いたことのないため息が出るような素晴らしい演奏、
良かったです〜。

いよいよ明日、宜しくお願いします。(^_^)

どうもお疲れ様でした。
「天才」同士の見事な競演でしたね。隣席の方はアンコールの「亜麻色」で涙をぬぐってました。
またどこかで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ドビュッシー、音楽と美術」 | トップページ | 第25回サクソフォーン発表会 »