2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« ピアノ合わせ終了 | トップページ | 【聴いた】サマーミューザ、シティフィル@前田ホール »

2012.08.06

【聴いた】都響室内楽

20120805都響メンバーによる室内楽トークコンサート~Vol.12 ショスタコーヴィチの叙情(東京文化会館・小ホール)

モーツァルト/アダージョとフーガ K546
シューベルト/弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」
ショスタコーヴィチ/ピアノ五重奏曲
 田口美里・小林久美(Vn)、小林明子(Va)、江口心一(Vc)、小川典子(ゲスト、Pf)

5日。
酷暑の日曜の午後は、都響メンバーによる室内楽演奏会へ。

終演後の夕方からスタジオ入りの予定だったので、革ケース入りの楽器を担いでゆく。
こういうプログラムの演奏会に、サックスのケースを持って聴きに来ている人間がいたら、それは間違いなく私です(笑)

オケの主催演奏会だけれど、演奏は(とくに「死と乙女」は)あきらかにオーケストラ活動の片手間ではない、本格的な室内楽チームとしての独自の訓練を感じさせるものだった。
皆さん本当にハイレベルな奏者で、とくに江口さんの雄弁さには感心した。江口さんはナレーションも雄弁だったが(笑)
これだけ弾ける人たちが、コンマスでも首席奏者でもないんだから(小林久美さんは副首席だけど)、メジャーオーケストラというのは恐ろしい集団ではある。

後半は小川典子さんを迎えてのショスタコーヴィチ。
初めて聴いた。交響曲第5番の延長上の音楽だが、それよりもさらに作曲者ショスタコーヴィチの本音というか内面に近いところにある作品だと思った。
この曲を知らなかったというのはちょっと恥ずかしい。
小川さんの音は相変わらず素晴らしい。ピアノから音が出てくるのではなく、ピアノの周りの、質量を備えた、上下と奥行を感じさせる空間全体が鳴って、それがそのままこちらに来るかのようだ。

アンコールになんと、シェーンベルク作曲の冗談音楽?「鉄の旅団」。
こんなものまで聴けるとは思ってもいなかった。
14時開演で終演は16時15分。室内楽の演奏会としてはまさに120%満腹感の充実だった。

« ピアノ合わせ終了 | トップページ | 【聴いた】サマーミューザ、シティフィル@前田ホール »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノ合わせ終了 | トップページ | 【聴いた】サマーミューザ、シティフィル@前田ホール »