2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】尾高N響、デュリュフレのレクイエム | トップページ | 円筒分水(ちょっと一息) »

2012.05.14

【聴いた】小泉都響、ブラームスと「ダフニス」

日曜日は結局、朝9時から夜9時半まで2団体メドレーで楽器を吹いたり触ったりしていた。何やってんだか。
疲れがとれぬまま新しい週が明ける。

TMSO, 20120514東京都交響楽団 第734回定期演奏会(サントリーホール)

ブラームス/ピアノ協奏曲第1番
 Pf:アンドレア・ルケシーニ
ラヴェル/「ダフニスとクロエ」第1組曲・第2組曲
 指揮:小泉和裕
 (コンサートマスター:四方恭子)

インバル月間の明けた都響は、休む間もなくまた別の確固たる姿を明らかにする。
正統そのものの小泉さんの音と、ルケシーニのピアノ。
まっしぐらに、しかもいとも軽やかに、「正格」を絵に描いたような分厚い音が屹立する。
あまりの鮮やかさに言葉もない。

後半も凄かった。
フルネ師の存命中は都響では聴く機会のなかった小泉さんのラヴェル、見事じゃないですか!
(他のオケでは昔からフランス音楽もたくさん振られている。例えば新日フィルでメシアンの遺作「4のコンセール」の日本初演をしたのは小泉さんである)
隅々まで明瞭な流麗さと、オーケストラを「操る」身体的な快感がひとつになった、ラヴェルそのものの魅力を味わった。
合唱抜きの「ダフニス」で、ここまでオケが鳴って音楽の流れがちゃんと持って行かれた例って、フランスのオーケストラの日本公演も含めてほとんど例がないはずだ。
第2組曲の「無言歌」の繊細かつきわめて自然な音楽の運びも見事。フルートソロは柳原さん(ブラヴォー!)。
全体に、インバル師が就任当初に演奏した「ダフニス」の全曲版より、余程感心したと言っていい。

合唱といえば、「第1組曲」の中間部の(本来は)アカペラ合唱の部分は、フルスコアに付録のように付いているラヴェル自身によるオーケストラ版だった(初めて聴いた)。
ラヴェルが合唱曲をオケに編曲するとこうなるのね、という、管楽器のアンサンブルを効果的に使った音色の変化がたいへん興味深かった。

« 【聴いた】尾高N響、デュリュフレのレクイエム | トップページ | 円筒分水(ちょっと一息) »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】尾高N響、デュリュフレのレクイエム | トップページ | 円筒分水(ちょっと一息) »