2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】深澤智美(Sax) | トップページ | 【聴いた】サクソフォン・ライブラリー・コンサート »

2012.05.28

大阪国際2011、グランプリCD

土曜日(26日)はコンサートを聴いた以外にもいろいろと捜し物があって都内各所を回ったんだけど、ほとんど収穫なし。
ただ、予想も何もしていなかったこのCDを渋谷の某楽器店で偶然見つけ、買うことができた。

CD

第7回大阪国際室内楽コンクール(2011)の、各部門グランプリ3団体所収のCD。
第2部門(管楽アンサンブル)1位の、モーフィン・カルテット(Sax)のグラズノフとハイドン(Op.20-5)が入っている。

買ったお店では、このCDはいったい何で、いくらで売るものなのかもよく判ってない感じで、レジでかなり待たされました(笑)

一度ざっと流して聴いただけだけれど、只事ではない超高精度の演奏ですよ。
熟練の職人さんが、手触りだけで千分の1ミリ単位の起伏を見分けるがごとき凄絶さだ。
そして、強弱や起伏で「バランス」を作るという従前のアンサンブルテクニックを軽々と越えた、新時代の室内楽のありようを目前にして、ちょっと茫然としている。
グラズノフはどうやら本選ライブらしい。

他に、第1部門(弦楽四重奏)1位のアタッカ・カルテットによるベートーヴェンの15番とメンデルスゾーンの4番、「フェスタ」部門金賞のトリオ「国境なきクラシック」(マンドリンみたいな民俗楽器2本とピアノのトリオ。これがなかなか傑作)による4曲が入った2枚組。

このコンクールでは毎回、1位団体のCDを作っているのは知っていて、前回(2005年)1位のハバネラ・カルテットのCDも入手しているけれど、今回分がもう出来たとは知らなかった。
というか、制作元である日本室内楽振興財団のサイトとかを見ても、何も情報がないんですけど。
いったいどうすれば入手できるのか全く分からないCDをご紹介するというのも、ちょっと気が退けるんだけれど、多分そのうち情報は出てくると思うので、気になる方はチェックしてみてください。
この秋にはモーフィン・カルテットの優勝記念全国ツアーがあるはずで、会場でも売られると思う(前回のハバネラ・カルテットのCDもそうやって手に入れた)。

« 【聴いた】深澤智美(Sax) | トップページ | 【聴いた】サクソフォン・ライブラリー・コンサート »

新着音盤」カテゴリの記事

コメント

リリース情報、ありがとうございます!但し、名古屋で見つかるでしょうか?(^_^;)
モーフィンQは、My Spaceでゴトコフスキーを聴いたことがありますが、楽しみです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】深澤智美(Sax) | トップページ | 【聴いた】サクソフォン・ライブラリー・コンサート »