2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】Les Vents Français | トップページ | 【聴いた】都響インバル月間~辻井くんのショパン、ショスタコーヴィチ »

2012.04.19

【聴いた】宮本文昭シティフィル…船出。

TCPO, 20120418東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第258回定期演奏会[宮本文昭 音楽監督就任披露演奏会](東京オペラシティ・コンサートホール)

ワーグナー/楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より 第1幕への前奏曲
モーツァルト/ピアノ協奏曲第27番(Pf:小山実稚恵)
ブラームス/交響曲第2番
 指揮:宮本文昭
 (コンサートマスター:戸澤哲夫)

大成功だったと思う。
終演後は私も、3階席から手を高々と頭上に挙げて拍手をした。

何年か前、別の在京オケの名曲コンサートで見た、オケに遠慮しまくりの宮本さんの姿は、もはやどこにも無い。
そりゃ、いくらなんでも力入り過ぎだろ、とか(なにしろ前任者の飯守師は「脱力大王」だったからなあ)、細かなバランスの問題とかは言えば言えるけれど、別にそんなことをあげつらう気には私はなれない。
メインプロのブラームス2番では、ドイツオケ首席時代に身に染みついたであろうブラームスの音のイメージが、確かに伝わったと思った。
宮本さんの、シティフィルに賭ける情熱と意思は、間違いなく本物だ。
宮本さん頑張れ!

小山実稚恵さんのすばらしく美しく繊細なピアノが、錦上花を添えた。
そういえば小山さんのモーツァルトってほとんど聴いた記憶がない。こんなに長いこと聴き続けてる人なのに。
音の芯ではなく、周りの響きの連鎖だけで音楽の運びを作って行ける人なんですね。

« 【聴いた】Les Vents Français | トップページ | 【聴いた】都響インバル月間~辻井くんのショパン、ショスタコーヴィチ »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】Les Vents Français | トップページ | 【聴いた】都響インバル月間~辻井くんのショパン、ショスタコーヴィチ »