2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 引き続き、都響インバル月間 | トップページ | 【聴いた】アテナ。或いは、歴史は始まる »

2012.04.14

【聴いた】ノリントンN響

NHKSO, 20120414NHK交響楽団 第1724回定期演奏会[Aプログラム](NHKホール)

ベートーヴェン/
歌劇「フィデリオ」序曲
ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲
 Pf:マルティン・ヘルムヒェン、Vn:ヴェロニカ・エーベルレ、Vc:石坂団十郎
交響曲第3番「英雄」
 指揮:ロジャー・ノリントン
 (コンサートマスター:堀正文)

ノリントンといえばピリオド・アプローチの巨匠、なんだろうけれど、ちょっと「?」な気分。
こんな「常識的」なテンポで、楽譜に書いてもいない効果をいっぱい付け足して、NHKホールのような会場で倍管(!)で「エロイカ」を演ることのどこが「ピリオド」なのか、私にはよく分からない。
と思ってよくよくプログラム冊子のプロフィールや紹介記事を読んでみると、「ピリオド・アプローチ」という文言自体は一言も出てこないのだった。うーむ、うまくアリバイを作ってますなあ。

出てきた音そのものはなかなか面白かったので、それなりに楽しめた。
ノリントン=N響を聴くのは2006年の初共演以来だったけれど、その頃に比べたらN響のノン・ヴィブラート奏法もずいぶん板についてきたと思った。
ホルンは日フィルから移籍してきた福川さんが大活躍。勝俣さん・今井さんとのトリオで難なく決めていた。
トランペットの栃本さんが退団していてびっくり。芸大の准教授に就任されたそうだ。都響を辞められた古賀さん(トロンボーン)と同じパターン(芸大はTp杉木教授とHn守山教授が今年3月で同時に定年退官だったので、後任ということか)。

前半はチェロの石坂団十郎さんの伸びやかな音に感銘。弦のソリストおふたりはヴィブラートばりばりだったけれど。

« 引き続き、都響インバル月間 | トップページ | 【聴いた】アテナ。或いは、歴史は始まる »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引き続き、都響インバル月間 | トップページ | 【聴いた】アテナ。或いは、歴史は始まる »