2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 【聴いた】村治佳織(Guitar) | トップページ | 【告知】サクソフォンチャリティコンサート(3/11) »

2012.03.05

【聴いた】小泉都響悲愴

20120303フレッシュ名曲コンサート(大田区民ホール・アプリコ)

リスト/村の居酒屋での踊り(メフィスト・ワルツ第1番)(ピアノ独奏)
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲
 Pf:加藤大樹
チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」
 東京都交響楽団
 指揮:小泉和裕

ひなまつりの土曜日のこと。
夜出かける用事があったので、その前にこんなコンサートを当日券で聴いてきた。
都内のローカルな会場で在京の各プロオケが展開する名曲コンサートのシリーズだけれど、地元アプリコで、しかも小泉さんと都響のチャイコフスキーだったら、これは聴いてみたいというものだ。

で、期待どおりすばらしく引き締まった見事な演奏。
「悲愴」はフィナーレに焦点を合わせた解釈で、始まって最初のうちは、割とさくさく進むなあ、とか、小泉さん振りが小さくなったんじゃない?とか思って比較的冷静に聴いていたけれど、曲が進むにつれて本性を現してゆき、どんどん引き込まれていった。
これだったら主催公演だったとしても充分満足だろう、という気分で終演。
在京オケの中には、定期演奏会(自前の主催公演)ではそこそこに気合いの入った演奏で評論家(マスコミ)受けも良いのに、評論家が聴きに来ないようなドサ回りの名曲コンサート(依頼公演)では練習不足を露呈してしまうようなところも結構あるけれど、さすが、そういうこととは無縁だ。

コンマスは山本さん。ファゴットはリタイア間近の堂阪さんが見事なソロを聞かせ、終演後はひとり立たされて拍手を受けていた。
アンコールは無し。…まあ、これでアンコール演ったらそれこそ「蛇足」、かもね。

前半でピアノを弾いた加藤大樹くんはまだ昭和音大の3年生だそうだが、既に錚々たるコンクール歴の持ち主。
実に達者なテクニックと繊細な美音を持った方で、感心した。初々しいステージマナーも好感。
それほどはっきりとした個性はまだ聴きとれないけれど、それはこれからの楽しみですね。

« 【聴いた】村治佳織(Guitar) | トップページ | 【告知】サクソフォンチャリティコンサート(3/11) »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【聴いた】村治佳織(Guitar) | トップページ | 【告知】サクソフォンチャリティコンサート(3/11) »