2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 文化村ギャラリーにて | トップページ | 田中靖人(Sax)、モリコーネ・パラダイス »

2012.02.14

【聴いた】芸大サクソフォン

20120213第19回 東京藝術大学サクソフォーン専攻生による演奏会(東京文化会館・小ホール)

J.リュエフ/四重奏によるコンセール
 上野耕平S.Sax、藤本唯A.Sax、竹内理恵T.Sax、松下洋B.Sax
J.フランセ/オーボエ、バスーンとピアノのための三重奏曲
 山崎憂佳S.Sax、中井伶T.Sax、仁田原佑Pf
I.クセナキス/XAS
 田中拓也S.Sax、丸場慶人A.Sax、福田亨T.Sax、竹田歌穂B.Sax
本堂誠/サクソフォン六重奏のための冬物語
 山下史織S.Sax、鈴木崇弘・三浦夢子A.Sax、須永和弘・横山美優T.Sax、土岐光秀B.Sax
P.ブーレーズ/二重の影の対話
 佐藤淳一A.Sax、田野倉宏向(エレクトロニクス)
ヴィヴァルディ/調和の霊感Op,3-11
 角口圭都・川島亜子S.Sax、中島諒T.Sax(Solo)
 福田亨、中嶋紗也、瞿奕敏、劉頴奇、須永和弘、土岐光秀、丸場慶人
グリーグ/「ペール・ギュント」第1組曲
 須川展也(指揮)

仕事が長引き遅刻。以前のように川口リリアだったら終演にも間に合わないところで、有難い。
クセナキスの「XAS」(Sは「Z」みたいな鏡文字)が始まっていた。
終わるまでモニターで観る。モニターで聴いてるととてもじゃないがサックスの音には聞こえない(笑)

芸大サクソフォン科の現役学生である本堂さんの作品(シェイクスピアに基く)は、甘酸っぱい青春歌謡と、現代音楽ごっこと、ケルトぽい雰囲気とがごちゃ混ぜになった怪作だった。
こういう音楽をこういうふうにまとめられるのはなかなかの才能だと思った。

本日一番の聴き物は、やはり佐藤さんの「二重の影の対話」(サクソフォン版)であっただろう。
客席を取り囲む6台のライブスピーカーから、ステージ上のソリストと時間軸をずらしたエコーのような音形が流れる。
「実体」は一つだが、「影」(影像=映像、と言いかえても良い)はこの世界のあちこちに遍在する。
曲のタイトルどおりのインスピレーションを体現した。
ブーレーズの作品というのは、実はただひたすらに「聴きさえすればよい」音楽である。
シュトックハウゼンに代表されるある種の「現代音楽」は、聴き手にも「お勉強」、「理屈・手順の理解」を要求するけれど、ブーレーズの作品にはそれがない、というのが私の考え。
これを聴けただけでも今日来て良かったと思った。
それにしてもこの東京文化のような会場で、このような洗練されたライブ・エレクトロニクスが実現するというのは、時代は進んだものだと実感する。
ジェローム・ラランさんのコンサートで、本格的なライブ・エレクトロニクスなるものとサクソフォンの共演に初めて接したのは6年前のことだったが、あれはホント、今から考えると手づくり感溢れる(笑)というか、学園祭みたいなノリだったもんなあ(会場の床にケーブルやら機材やらがゴチャゴチャに積みあがってるイメージ)。

角口さん達のソロによる、バロックの時代からの直接のリンクのような、ヴィヴァルディのコンチェルト・グロッソのシンプルな響きを経て、最後はほぼ全員での「ペール・ギュント」。
須川さんが、楽器ではなく(笑)、長い指揮棒を持って登場した。
アンコールに「ソルヴェイグの歌」と、「デビルズ・ラグ」。最後はやっぱり学生の演奏会だった(笑)
といっても全体には、学生の演奏会とは到底思えないような技量と完成度と、音楽的な可能性と面白さを充分に楽しんだ演奏会だった。

ただ、一介のしろうとサックス吹きとして欲を言わせてもらえば、もっとシンプルに、「美しいサクソフォンの音色」、というものを堪能したかった、とは思った。
開放の音を綺麗に吹く、みたいな地道なことは、今の学生さん達はやっている暇がないのかな。

« 文化村ギャラリーにて | トップページ | 田中靖人(Sax)、モリコーネ・パラダイス »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化村ギャラリーにて | トップページ | 田中靖人(Sax)、モリコーネ・パラダイス »