2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 土曜日 | トップページ | 【聴いた】小泉都響ベートーヴェン »

2012.02.20

日曜日

2012021919日(日曜)。
友人知人大量?出演の、こんなコンサートの客席に座る。

大田区吹奏楽連盟特別演奏会2012(大田区民ホールアプリコ・大ホール)

今井光也/東京オリンピックファンファーレ
間宮芳生/マーチ「カタロニアの栄光」
兼田敏/シンフォニックバンドのためのパッサカリア
山田耕筰/野球大会行進曲
櫛田胅之扶/東北地方の民謡によるコラージュ
大栗裕/大阪俗謡による幻想曲(全曲版)
真島俊夫/3つのジャポニズム
 指揮:多戸幾久三

昨年は私も舞台に乗っていたんだけど、今回は練習日の都合その他で諦め。
それにしてもすごい曲目だ。
全曲邦人作品。みんなでやりたい曲を持ち寄って決めるようなありがちな流儀とはこれほど遠いものはない。
しかも指揮があの多戸さんだもんなあ。
伝説的な話を多く聞く方だけれど、(N響でテューバを吹いていた姿は勿論お馴染みだったけれど)指揮姿は初めて見る。
長い指揮棒を、大きく、はっきりと振られる。
演奏は最初のうち妙に集中に欠けるところがあって、正直、多戸さんの神通力を以てしてもこんなもんかなあと思ったけれど、尻上がりに良くなってきて(第2部は学生中心のステージということだったが、主要なソロを取った高校生の子たちの、大人真っ青の見事なソロの連続に驚嘆)、最後は妥協のない輝かしいクライマックスに到達した。

終演後は実行委員長(昨年の指揮者)とかいろんな人に、「来年は出て下さいよ」、と言われた(笑)
まあ、この手の本番はやはり、聴くよりも乗るほうが面白いに決まっている。
乗ったら乗ったで、みんなで作っていく過程でムカツクこともいろいろとあるんだけど(去年もあったけど)、それも含めて、ね。

« 土曜日 | トップページ | 【聴いた】小泉都響ベートーヴェン »

コンサート(2012年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土曜日 | トップページ | 【聴いた】小泉都響ベートーヴェン »