2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« パリ管、さーし! | トップページ | ジョリヴェ「火の玉」CD化とデファイエ »

2011.11.21

【告知】トゥジュールSaxQ 2011

Toujours Saxophone Quartet, 2011関西のプロフェッショナル・サクソフォンカルテットの雄、トゥジュール・サクソフォンクァルテットの二度めの東京公演が近づいてきたので、今回もまた勝手に告知宣伝をば。

トゥジュール・サクソフォン クァルテット・いつもサックス!!2011
11月23日(水・祝)14:00開演
 会場:ドルチェアーティストサロン(大阪)
【東京公演】11月27日(日)14:00開演
 会場:アーティストサロンDolce(東京・新宿)
料金:\3,000 学生\1,500
曲目:
八木澤教司/ノヴェレッテ
A.リード/五つのカメオ
J.M.ダマーズ/四重奏曲
フィル・ウッズ/三つのインプロヴィゼーション
さとう宗幸/青葉城恋歌
M.ルグラン/キャラバンの到着
大島忠則・編/超!嵐!(改)、他

私も楽しみにしているところ。
と言いながら、実は27日は練習のため行けない。
休める練習なら休むところだけれど、自分がやっているアンサンブルの練習は休みたくない。
しかし今回、私と同様アルフレッド・リード先生に私淑するTSQのリーダー辻本さんの選曲であろう、リードの「5つのカメオ」が曲目に入っている。
この作品の委嘱/初演者としては、この曲がプロのカルテットによって演奏される貴重な機会、聴き逃す訳にも行かない。

なので思い立って、大阪公演に行くことにした。
実は大阪にはほとんど降り立ったことがない。70年大阪万博以来(小学校3年)だから、41年ぶり(!)。
さすがに41年前のことはほんど何も覚えてない。同時代の東京人の多くがそうだったように、そのために新幹線に初めて乗ったんだけれど。車窓から見えた琵琶湖のきらきら光る水面はうっすらと覚えている。あとエキスポランドで池に落ちたこととか(笑)。
泊まったホテルの前には「うつぼ公園」という大きな公園があったんだけど、あれはどこだったんだろう?
ということで大阪はどこに何があるんだかさっぱり分からないけれど、とりあえずドルチェ楽器の地図は手元にあるので、新幹線の切符を買って行けばよいのであろう。
音楽というものはそれが生み出される人や地域の風土や社会や環境と不可分に結びついているものなので、ローカルの演奏団体をローカルな場所で聴くというのは、それはそれで大きな意味がある。

首都圏のみなさんは是非東京公演へどうぞ。
遠来の友は歓待するのが慣い。
大阪公演のチケットはほぼ完売寸前のようだけれど(ドルチェ大阪のサイトを見たら既に「完売」とあった。11/22追記)、東京公演はまだあると思う。

問い合わせ・チケットは
トゥジュール・サクソフォンクァルテット
東京公演はドルチェ楽器東京店へ。

« パリ管、さーし! | トップページ | ジョリヴェ「火の玉」CD化とデファイエ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

我社の接待寮が靭(うつぼ)にあるのですが、この漢字は読めませんでしたね。

名前を書き忘れました。
靭公園は地下鉄御堂筋線淀屋橋駅か歩いたところにあるようです。

新大阪から帰途についたところです。
「うつぼ」ってそういう漢字だったんですね。そりゃ地図見ても見つからない訳だ。41年めにして初めて知った事実。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ管、さーし! | トップページ | ジョリヴェ「火の玉」CD化とデファイエ »