2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 「音楽」のために…ファブリス・モレティ | トップページ | 祝祭のマリンバ…偉大なる母性 »

2011.11.17

萩原麻未さんを聴いた

Mami Hagiwara, 20111117萩原麻未 ピアノリサイタル(紀尾井ホール)

ハイドン/ピアノソナタHob.XVI-33
ベリオ/5つの変奏曲
ラフマニノフ/コレルリの主題による変奏曲Op.42
シューマン/アラベスク
同 /謝肉祭

今日はちょっとした縁があって、話題の若いピアニストの東京デビューリサイタルを聴く。
滅多なことでは1位を出さないことで有名な、難関のジュネーブ国際コンクールで見事優勝された方だ。

一昨日(日記の日付では昨日)の、モレティのリサイタルと全く同じ賛辞を贈りたい方だった。
技術も、感受性も、(音楽的な)コミュニケーション力も、すべてが卓越している。
その上で、この人でなければ、という替えがたい個性と魅力とを既に備え、それが作品そのものの魅力とひとつになっている。
まだあんなにかわいらしいお嬢さんなのに。

…ある楽器の演奏者の層の厚さというのは、時としてこういうところに現れるんだな。
おそれいりました。

« 「音楽」のために…ファブリス・モレティ | トップページ | 祝祭のマリンバ…偉大なる母性 »

コンサート(2011年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「音楽」のために…ファブリス・モレティ | トップページ | 祝祭のマリンバ…偉大なる母性 »