2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« BlogRoll移行 | トップページ | 最近のサクソフォン新譜から(その2) »

2011.08.19

最近のサクソフォン新譜から

夏はコンサートがないので、CDをよく聴く。
買ったCDも、積みっ放しにならず、比較的すぐに聴ける。
例えばこんなの。

Run,Sing,Fly
Run, Sing, Fly / Sarah Markham (Saxophone Classics)

英国Saxophone Classicsの新譜。
同レーベルのアーティスティック・ディレクター、サラ・マーカムのソロアルバム。
マンチェスターのロイヤル・ノーザン音大(RNCM)と、米国マサチューセッツ大学アマースト校で学んだ方とのこと。
CD番号のCC4005というのは、先日ご紹介したオーティス・マーフィーの新譜の1番違いだ。

私がここ最近聴いたサクソフォンのCDの中で、おそらくもっとも感心した1枚。
なにかが飛び抜けて素晴らしいという訳でもないので、「もっとも素晴らしい1枚」とは敢えて言わないけれど、英国的中庸というものの美点の典型のような、音楽的な守備範囲の広さ、確実さと趣味の良さは、傾聴に値する。
実際、何度聴いても飽きないCDだ。
「ファジィバード・ソナタ」も入っているんだけど、全体に控えめな雰囲気の凄くエレガントな演奏で、驚いたり物足りなかったりする方もいるかもしれない。
でも、こういう演奏はやろうと思ってなかなかできるものではないし、このような良さというのは見過ごされがちだとも思うので、こうして1エントリ分まるまる使って特筆しておく次第である。

そもそもは、リチャード・ロドニー・ベネットの「Three Piece Suite」が収録されていることが、個人的には注目のきっかけだった。
これも期待どおり。
レファレンスというのは、こういう演奏であるべきだと思う。

« BlogRoll移行 | トップページ | 最近のサクソフォン新譜から(その2) »

サクソフォン」カテゴリの記事

新着音盤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BlogRoll移行 | トップページ | 最近のサクソフォン新譜から(その2) »