2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 覚書・サントリーホール3連戦 | トップページ | 吹く、聴く、呑む »

2011.06.18

恐るべし、ハーディングNJP

NJP, 20110618新日本フィルハーモニー交響楽団 第478回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

ブルックナー/交響曲第8番
 指揮:ダニエル・ハーディング
 (コンサートマスター:崔文洙)

土曜日、こんどは錦糸町へ。
3月のNJPへの客演時は震災のためほとんど演奏ができないまま帰国したハーディング、再びの登場。
私としても、5月定期は聴けなかったため、久々の新日。
ブリュッヘンのロ短調ミサ以来か。

たいへんな演奏だった。
こんなに、力と緊張が全曲まるで途切れず隅々までみなぎった、しかし全然堅くなく角張っていない、たゆとうごとくに柔軟なブルックナーは、初めて聴いた。
NJP、いったい何があったの?と思ってしまうような、広大なダイナミックレインジ(それでいて全然うるさくない)と、最高のパフォーマンス。
ハーディング恐るべし。去年の客演で「幻想」を聴いた時や、むかしマーラー室内管で聴いた時とかは、こんなふうには思わなかったのに。
3楽章のアダージョなんか、まるでマーラーの「9番」のそれのように痛切で、しかも甘美だ。
(これはワーグナーテューバ軍団の好演のおかげもあったと思う)

ハーディングの棒は、決して止まらない。押しつけない。
たとえG.P(全休止)の箇所といえども、きちんと音楽が流れ続けるのが分かる。
ブルックナーの交響曲というと私などは、ゴチャゴチャといろんなことをやり付けて、収拾がつかなくなると全休止で止めて、また新たにゴチャゴチャやり始める、みたいなイメージがあるんだけど(ブルックナー好きの皆様スミマセン)、いったんこれを目にしてしまうと、もうこれ以外のやり方は考えられなくなる。
終演後は、いつもクールな新日の客席としてはいまだかつて見たことがないほど、爆発的なブラヴォーで沸いた。

来週は、震災で中止となった3月定期の代替公演として、マーラー5番1曲プロを聴くことになっている。
これはまた物凄い演奏になりそうな予感がしてきたぞ。

« 覚書・サントリーホール3連戦 | トップページ | 吹く、聴く、呑む »

コンサート(2011年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 覚書・サントリーホール3連戦 | トップページ | 吹く、聴く、呑む »