2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 世界の一番遠い土地へ | トップページ | 大友さんとロンドン »

2011.03.06

ハープ諸国めぐり

20110304金曜日(4日)の覚書。
「ハープ諸国めぐり」と題する、ハーピスト吉野直子さんのリサイタルを聴いた(東京文化会館・小ホール)。

曲目はこちら
東京文化会館のレクチャー・コンサートの一環で、演奏者自らがお話でつなぎながらのコンサートではあるけれど、曲目自体は現代日本を含む世界7ヶ国のハープのオリジナル作品による、たいへんに本格的なリサイタルだ。
決して喋り慣れているとはいえないけれど、とても誠実そうで分かりやすい話し声だった。

吉野さんといえば、コンチェルトのソリストや、オケ中のハープでは以前からよく聴いたけれど、ソロリサイタルは恥ずかしながら初めてだったのだが。
いやはや、とてつもない巧さでした。
発せられるすべての音、身体のすべての動きに隙がなく、全部が「音楽」になっている。
どれひとつの音をとっても、重さ、濃淡、方向性がすべて分かる。
世界をソロで渡る演奏家のポテンシャルの凄さを、まざまざと見たと思った。
勿論、吉野直子さんと言えば、私ごときがこんなところで今更の賛辞を並べずとも、最初から世界の超一流なんですけどね。
でも、いざこれだけ間近で実際に見てしまうと、何か書き立てたくもなるというものだ。

« 世界の一番遠い土地へ | トップページ | 大友さんとロンドン »

コンサート(2011年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界の一番遠い土地へ | トップページ | 大友さんとロンドン »