2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 18世紀の夜会へ | トップページ | 【訃報】ジャック・テリー氏 »

2011.01.21

新井さんの新譜

Abendlied

夕べの歌(Abendlied) 新井靖志Sax、小柳美奈子Pf (Florestan FLCP21011)

昨日銀座の王子ホールに行く前、至近のY野楽器のCD売場に寄ったら、既に発売となっていた。
新井靖志さんの、ソロでは11年ぶりとなる、待望の復帰アルバム。

タイトル曲となったシューマンの「夕べの歌」(オーボエのハインツ・ホリガーのアルバムの最終トラックに入っていたことで有名となり、斯界のアンコールピースの定番となった、美しい小品)でいきなり始まり、コラール・ヴァリエ(ダンディ)、コッペリウスの夢(フロラン・シュミット)、…と続き、最後はブラームスのOp.120-2のソナタで締めくくられる。
秋色の風景のジャケット写真のような、抒情とメランコリーに彩られたアルバムである。
スパークの「パントマイム」のような派手な曲でさえ、序奏部分の柔らかな繊細さのほうがむしろ印象深い。

いや、そんな批評じみたことは、どうでもいい。
このアルバムを現実に聴くことができたことに、何よりまず、率直に感謝したい。
(このCDではないけれど、去年の夏の私たちの発表会のゲストとしてこのブラームスを聴いたときには、マジで涙が出ましたよ。)
新井さんはやはり、日本のサクソフォン界の宝だ。
この人の演奏を1年以上も聴くことができなかったのは、不幸なことだった。

版元(彦坂さんのCDも出しているところだ)のウェブサイトには、21日現在まだ情報がない。

(1/25追記)ようやく出ました。
http://www.florestan.co.jp/cd_info/arai_yasushi/

« 18世紀の夜会へ | トップページ | 【訃報】ジャック・テリー氏 »

サクソフォン」カテゴリの記事

新着音盤」カテゴリの記事

コメント

すんません。
師匠のアルバムを紹介して下さってありがとうございます。
こむらさんのトコにも書きましたが、版元には紹介がまだありませんが、ちょっと時差があったということで。

早く聴きたい…

今日届きました♪

驚嘆以上の感動。。昨夏聴いたブラームスは、本当!良かったです。

某facebookでつぶやいたら、早速タイ等海外のプレイヤーの方から、いいね!のチェックが。(苦笑)

ブラームスはホント、良いですね。
このCDの演奏の完成度からすると、昨年の夏はあれでもまだ「テスト段階」だったんだな、と思います。
この曲をこの演奏ではじめて知ってしまったら、原曲のクラリネットやヴィオラ版なんて聴けなくなっちゃうんじゃないか、と要らぬ心配をするくらい。

あと、本文に書きそびれましたが、美奈子先生のピアノが素晴らしい。
美奈子先生のピアノは長年聴いてますが、こういう良さを聴きとったことは新鮮でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18世紀の夜会へ | トップページ | 【訃報】ジャック・テリー氏 »