2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 自分を変える | トップページ | 祭りのあと »

2010.12.23

雑感

今年は私はサクソフォーン・フェスティバルには出場しませんが。
これから聴きに多摩センターへと出発します。
催し自体は朝からやっているけれど、さすがにキツくて休んでいた。
昨日のプログラムもそれなりに興味はあったけれど、さすがにこの時期の平日は厳しい。
15時からのプログラムは聴きたい。

フェスティバルも、はや第30回め。
私は29年前、第3回から、途中何度か休んだことはあるけれどほぼずっと足を運び続けている。
(4年前の当ブログに書いたこちらのエントリに、昔の話を少し書いています)
もはや「長老」、と呼ばれても何の不思議もない。

image - TMSO, 101220
3日前にはヤクブ・フルシャ指揮の都響2回め(東京文化会館)を聴いた。
仕事が長引いて遅刻、後半のマルティヌーの交響曲しか聴けなかった。
それにしてもやはり、とてつもない才能ですよ。この29歳の指揮者は。
統率力があるとか音楽性があるとかいう以上に、この人は「自分の音」というものを確固として持っているところが素晴らしい。
マルティヌーの終楽章、曲の終わり近くの弦楽合奏の音色なんて、20年以上都響を聴いてきた中でこれ以上美しい音色は果たして何回聴けただろうか、と思ったくらい。
来シーズンの客演回数が少ないのは残念だけれど、たぶんポスト就任決定がぎりぎりで、1年先のスケジュールが押さえられなかったんだな。(インバルも就任最初の年はあんまり来られなかった)
再来年以降に期待しましょう。


ゆっくりCDなどを聴いている暇が全くない。
この年末年始の休みにゆっくり聴こう。
と言いつつ楽譜書きのミッションも結構あるんだけど。

« 自分を変える | トップページ | 祭りのあと »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分を変える | トップページ | 祭りのあと »