2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 大阪市音楽ダーン! | トップページ | 「和声の歴史」…フランスの難解 »

2010.11.07

メッツマッハー

image - NJP, 101106新日本フィルハーモニー交響楽団 第470回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

マーラー/交響曲第6番「悲劇的」
 指揮:インゴ・メッツマッハー
 (コンサートマスター:豊嶋泰嗣)

秋晴れの土曜日、新日本フィルの定期へ。
指揮は、名前だけはかなり昔から知っていたドイツの俊英(といっても今年で53歳だが)、メッツマッハー。初めて聴く。
曲はマーラーの「6番」1曲。ステージ上をほとんど隙間なく埋めつくした大編成のオーケストラが期待をそそる。

さて、メッツマッハーというと、眼光紙背に徹するような異能の棒を振る人、みたいな勝手なイメージがあったけれど、いざ聴いてみたら意外と普通の音楽をする人だった。
ただ、「普通」とは言っても決して「凡庸」ではない。(そもそもマーラーの6番のような音楽の、何を以て「普通」と呼ぶのか?)

腕をただテンポどおり動かす、ということにはおそらくほとんど関心がない人だ。
指揮台の上で、おそらく私なぞには想像もつかないようなレベルのものを「聴く」、ことに専念している。
指揮者としてのありよう、という点では、大野和士さんと共通する印象を持った。

« 大阪市音楽ダーン! | トップページ | 「和声の歴史」…フランスの難解 »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪市音楽ダーン! | トップページ | 「和声の歴史」…フランスの難解 »