2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« コンセルトヘボウのマーラー3 | トップページ | 汐澤、明学オケ、オルガン付き »

2010.11.24

辻井くんのベートーヴェン

image - TMSO, 101123東京都交響楽団 東京芸術劇場シリーズVol.80
作曲家の肖像「ベートーヴェン」

交響曲第1番
ピアノ協奏曲第1番(Pf:辻井伸行)
交響曲第8番
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

23日。
演奏会5連戦の最後は、インバル=都響の2回め公演。
一般発売のその日に完売となったという、話題の演奏会だ。
しかし今日の主役は、間違いなく、ソリストの辻井くんだった。

付き人に手を引かれてステージに登場した辻井くん。
オーケストラの前奏の間は身体を前後に揺するように音楽に没入し、直前にピアノの鍵盤列の右端に触れて位置を確認してから、おもむろに弾き始める。
澄んだ湧き水のように清冽で揺るぎのない、すべてに自らの意志を湛えた音たちが、その両手から紡ぎ出される。
満員の聴衆は、息を呑んで聴き入る。
その、ほとんど抽象的なまでの、「音楽そのもの」としか言い様のない高度に純化された世界は、さしものインバル師といえども満身の誠意を以てサポートしてゆく以外にすることがない。
ピアノの和音がおそろしく綺麗なことにも目を見張る。
ピアノって平均律で調律されているはずなのに、どうしてそんなことが?

…なんだかちょっと、聴いていて目頭が熱くなるものがありましたよ。
物凄い才能だ。
実は辻井くんは私、ちゃんと聴いたのは今日が初めてだったんだけど、なるほど、盲人というハンデと話題性がなかったとしても、間違いなくスターになったことだろうと思った。
目の見えない人ならではの、音に対する並外れた集中力というのは、勿論あるのだろうけれど。

立ちあがって拍手したいくらいの気分だったけれど、そんなことをしても彼には見えないので、姿勢を正して、心をこめた拍手を贈る。
アンコールに、「月光ソナタ」の第1楽章。


交響曲のほうは、インバルならではの流儀。
「8番」は16型、倍管といういつもの巨匠風スタイル。ゴージャスきわまりない響き。8番でそれをやっちゃいますか(「1番」は14型、通常編成でした)。
しかし、インバルさんの姿勢には、テンポの作り方やら何やら、単純に過去の巨匠へのオマージュや真似というより、21世紀の現在地点から20世紀を経て19世紀のベートーヴェンを見据えるような、ラディカルに透徹した視線を感じる。
こうなったらいっそのこと、このスタイルで徹底して、都響とベートーヴェンの交響曲全集でも作って欲しいと思う。
既にCDが出たのが3、5、7番、演奏したのが9、そして今日の1、8番。残りは2、4、6か。任期中には出来るでしょ。

« コンセルトヘボウのマーラー3 | トップページ | 汐澤、明学オケ、オルガン付き »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンセルトヘボウのマーラー3 | トップページ | 汐澤、明学オケ、オルガン付き »