2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« デコ楽器PART2 | トップページ | 奇才カンブルラン先生 »

2010.11.30

インバル&都響2010秋、ブルックナー

image - TMSO, 101130東京都交響楽団 第707回定期演奏会(サントリーホール)

モーツァルト/ヴァイオリン協奏曲第3番(Vn:四方恭子)
ブルックナー/交響曲第6番
 指揮:エリアフ・インバル
 (コンサートマスター:矢部達哉)

今月、計14回行った(ひとつまだ日記を書いてないが、それは明日にでも)コンサートの最後は、都響インバル月間の締めくくり。

1曲めのモーツァルト。
独奏は都響ソロコンミスの四方さん。
普段のコンサートで、コンマスとして現れるときと全く同じ自然な雰囲気で、ステージに現れる。
10型の小さなオーケストラを相手にしたインバルさんにも、何かリラックスした気分を感じる。
派手なところは全くないけれど、ある種の「模範解答」だった、と思う。
この人が都響のコンマスに迎えられた理由が、あらためてよく分かった気がした。

ブルックナー。始まってしばらくは、わりと普通だった気がした。
しかし第1楽章の終わり頃から先は、最後まで、かつて聴いたことのない境地だったと思う。
透明でありながら分厚いという、深い海のようなイメージの弦。都響の弦の一番良い音だ。
金管も大健闘。インバルさんのブルックナーはいつも金管の音の綺麗さに感心するけれど、今日もまた。

« デコ楽器PART2 | トップページ | 奇才カンブルラン先生 »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デコ楽器PART2 | トップページ | 奇才カンブルラン先生 »