2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 夕暮れの玉川上水にて | トップページ | ブルックナー棄権 »

2010.10.23

尾高日フィル晋友会

JapanPhil, 101022日本フィルハーモニー交響楽団 第624回定期演奏会(サントリーホール)

オネゲル/夏の牧歌
ラヴェル/組曲「マ・メール・ロワ」
ウォルトン/オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」
 Br:三原剛
 晋友会合唱団
 指揮:尾高忠明
 (コンサートマスター:扇谷泰朋)

22日(金曜日)。
今日最も心に残ったのは冒頭の「夏の牧歌」だった。
この曲のインスピレーションの基となったというランボーの詩句(「私は夏の夜明けを抱いた。」)そのもののような、弦の儚く柔和な音色と、5人横一列に並んだこの曲の管セクション(Hn福川、Fl真鍋、Ob松岡、Cl伊藤、Bn木村)のチームプレイが見事だった。とくに福川さんのホルンのまるで木管楽器のような繊細さとなめらかさは、今までにどこのオケのホルンでも聴いたことのない質のものだ。
「マ・メール・ロワ」もなかなか良かった。この曲の最も「普遍的」なスタイルの好演、だと思う。
プログラム冊子の曲目解説では「7曲からなるバレエ組曲」(「前奏曲」と「紡ぎ車の踊り」を含む)となっていて、実際曲目表記もそうなっていたけれど、楽しみに聴いてみたら5曲から成る通常の「組曲」版だった。
7曲書いてあって5曲で終わってしまったので、戸惑ったお客さんもいた雰囲気。
これは解説を書いた國土潤一という人が、この曲の「組曲版」というものについて大きな勘違いをしていたものと思われる。日フィル事務局さん、訂正文くらい入れましょうよ。それとも事務局でも気づかなかったの?リハーサルが始まった時点でふつう気付くでしょ。

メインプロの「ベルシャザールの饗宴」。
尾高-晋友会の「ベルシャザール」といえば、今季の日フィルで最も楽しみにしていたものの一つだった。
この顔ぶれだったらもっと凄い、鮮血の飛び散るような切っ先鋭い音が出るはずだし、二群の金管バンダを含んだオーケストラの音量だって、日フィルだったらもっと(うるさいくらいに)鳴るはず、と期待してしまうのは、贅沢というもんかもしれない。
でも、この平衡感覚とバランスのとれた造形感覚こそが、きっと近年の尾高さんの充実なのだろう。


8時半には終演(意外と早かった。そんなに短いコンサートには思えなかったのだが)。
サントリーホールを出たその足で、蒲田へと向かう。
来年春に彦坂さんを囲んでレッスン合宿をする話が回りで動き始めていて、私も一枚絡んでるんだが、その関係の「ミーティング」という名の呑み会に、途中から合流する。
私が着いた頃には真面目な話し合いはほぼ終わっていて、あとはまあ、いわゆるサックス吹きの宴会モードで、「リアルに」若い衆と、「気持ちだけは」若い衆とが入り乱れて、終電近くまで楽しい時間を過ごす。

音楽をやっていて良かったのは、こういう時間の過ごし方が「普通に」あることだ。

« 夕暮れの玉川上水にて | トップページ | ブルックナー棄権 »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕暮れの玉川上水にて | トップページ | ブルックナー棄権 »