2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 「アルペジョーネ」・ソナタ | トップページ | シャルランのミヨー自作自演 »

2010.09.08

三浦友理枝さん

20100907東京オペラシティリサイタルシリーズ B→C(ビートゥーシー)第124回
ピアノ:三浦友理枝(東京オペラシティ・リサイタルホール)

J.S.バッハ/フランス組曲第2番
ラヴェル/古風なメヌエット
メシアン/『前奏曲集』から「鳩」「軽やかな数」
同 /『鳥のカタログ』から「ダイシャクシギ」
フランク/プレリュード、コラールとフーガ
シマノフスキ/ピアノソナタ第3番
リゲティ/練習曲集第1巻から「ワルシャワの秋」
バーバー/ピアノソナタ

以前から気になっていた若いピアニストのリサイタルを、初めて聴く。
まあ、見てくださいな。すごい曲目でしょ。

このオペラシティのB→Cに出演するというのは、演奏家にとってある種のステイタスだろうと思うので、誰しもそれなりに気合の入ったプログラムを準備してくるけれど、ここまで大胆にご自分の意思を出して来られると、嬉しくなってしまうというものだ。
特に後半(シマノフスキから後)、どれがメインプロでも構わないようなこんな癖のある難曲を3つ並べて弾ききっちゃうというのは、当然ながら技術だけではないですね。
こういう演奏家は私、応援します。
とはいっても決して、現代的で鋭利な音楽性を前面に出すという訳でもなくて、どちらかというと抑制の効いた音色の持ち主で、むしろ古風な感性を感じさせるほうかもしれない、というところが新鮮。前半最後のフランクの充実ぶりが素晴らしかったです。

アンコールに、ラヴェル「クープランの墓」のメヌエット。
雨の降る6月の休日の昼下がりに似合うような響きだった。(って何のことだ)

« 「アルペジョーネ」・ソナタ | トップページ | シャルランのミヨー自作自演 »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「アルペジョーネ」・ソナタ | トップページ | シャルランのミヨー自作自演 »