2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 小山実稚恵さん、25年 | トップページ | 「アルペジョーネ」・ソナタ »

2010.09.05

真夏は続くよ

これからしばらくは、週末はリハーサル(練習)尽くしとなる。
この土日も、2日間で4つの練習会場を回った。
日曜日のこと。

午前は、先日立ちあがったばかりの大田祝祭バンドの、初回のパート練習。
といっても、まだ具体的に何をするべきかを誰もよく判っていない段階なので、とりあえず良い音を出しましょう、楽譜はきちんと、厳格に読みましょう、くらいしか言うべきことはない。
アマチュアプレイヤーの方々には、楽譜を受け取ったら「とりあえずみんなでやってみる」(あるいは「聞き覚えでとりあえず吹いてみる」)以前にまずするべきことがたくさんある、ということがあんまり分かられていないように思う。
よそのパートはどんな状態になってるんだろう、とちょっと心配になる。

音楽というものは、どこか高いところから降ってくるもの、だと皆さん思っているような気がする。
高いところ、というのは勿論比喩表現で、先生とか、指揮者とか、指導者とか、上手な先輩とか、そういう自分より上位にいる(と思える)人たち。
そんなことはなくて、音楽とは、「自分」が、今いる「ここ」から始めるものなんです。
まずは「自分」が意志を持って始めないことには、誰も代りにはやってくれません。お忘れなく。

午後は国立へ移動。
先々週に続き、一橋大学にて、水星響(プロコフィエフ/ロメオとジュリエット)のリハーサル。
酷暑と真夏の日射しは2週間前の初参加のリハーサルと何も変わりなく、ふらふらになりつつ到着。
正味1時間15分ほどのリハーサルは、てきぱきと無駄なく進む。
勿論、細かく突っ込めば時間はいくらあっても足りないものだから、この時間内で何をするか(あるいは、何をしないか)というところに、指揮者とオケ間の思惑が垣間見える。
快い緊張感のなか過ごす。

Romeo_and_Juliet

小さなソロだけれど、これが果てしなく難しい。
正直、自分で吹くまでは、ここまで難しいとは思っていなかった。

移動途中でリードを買いにドルチェ楽器に寄ったところ、偶然T尾さんにお会いしたのでこの(ロメジュリ)話をしたら
「いや、アレは難しいよ、」
と仰っていたので、プロのかたにとってもやはり難しいらしい、ということが分かって少しホッとする。
あと2週間。もう少しじたばたしてみます。

なんでもいいけどもうちょっと涼しくなってくれ。

« 小山実稚恵さん、25年 | トップページ | 「アルペジョーネ」・ソナタ »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

Thunderさま
オケも新シーズンが始まりましたが、ご自身の活動もお忙しそうで羨ましい限りです。

>音楽というものは、どこか高いところから降ってくるもの、だと皆さん思っているような気がする。

そうですね~。アマチュア合唱団には特にその傾向が強いと思う合唱団員です。指導者が教えてくれる、パートリーダーがなんとかしてくれる、などなど。
驚かれるかもしれませんが、上手い合唱団でも楽譜が読めない(どれがドで、レで、というレベルで読めない)団員が普通にいる状況だったりします。なので、少しは、仕方がないのかなとも思います。
でも、自分で考えて音をだすようになると、楽じゃないけど、ずっと楽しい。。。だから頑張ろうよ、って思います。

>yunnanさま

合唱でも合奏でも、「全体」の一部になることの快感、というのはあるんだろうな、とは思います。
でもそれは「音楽」の素晴らしさとは違うんだよ、ということはなかなか分かられにくい、のかもしれません。
分かられにくい、けれど、分かってくれる人には分かってほしい、と思うので、言い続けなきゃならない。

コメントありがとうございました。
たいへん嬉しいコメントでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小山実稚恵さん、25年 | トップページ | 「アルペジョーネ」・ソナタ »