2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 「ロメジュリ」本番 | トップページ | 秋、本番 »

2010.09.21

伊藤康英校訂版・ホルスト1組、第2曲

Holst, First Suite, Intermezzo

現在発売中のバンドジャーナル(10月号)の付録楽譜は、伊藤康英校訂版によるホルスト「第1組曲」の第2楽章「インテルメッツォ」のフルスコア。
8月号の第1楽章「シャコンヌ」はかなり評判をとったようだけれど、買われた皆様、続きもお忘れなく。
関連エントリはこちら(7月20日の当ブログ記事)。

この楽譜の存在意義に関しては、私もさきのエントリでいろいろ書いたけれども、校訂者の伊藤康英さん本人の言葉が最も簡潔でしかも言うべきことを言い尽くしているので、引用させていただきます。


ホルストの「第1組曲」は、数種の楽譜が出版されているが、細部を検証すると、さまざまな相違点が見られる。これは、この曲の自筆譜が1970年まで所在が知られていなかったことによるところが大きい。
そこで大英図書館所蔵の自筆譜はじめ各種の版を参照し、自筆譜の持ち味を生かしつつも、現在のバンドの実情に合わせて演奏可能な楽譜を目指して、この「伊藤康英校訂版」を作った。現在出版されているどの楽譜よりも、原典に近いものとなっている。
これにより、これまであまり顧みられなかった、この曲本来の持ち味を知るきっかけとなれば幸いである。
  伊藤康英

« 「ロメジュリ」本番 | トップページ | 秋、本番 »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ロメジュリ」本番 | トップページ | 秋、本番 »