2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【小ネタ】馘首割引 | トップページ | きょうの夜は »

2010.08.09

フェスタミューザ~日本フィル

20100808

フェスタ・サマーミューザKAWASAKI 2010(ミューザ川崎シンフォニーホール)
日本フィルハーモニー交響楽団

ラフマニノフ/ヴォカリーズ(Sop:安井陽子)
コープランド/クラリネット協奏曲(Cl:伊藤寛隆)
ラフマニノフ/交響曲第3番
 指揮:シズオ・Z・クワハラ

日曜日。
今夏二度めのミューザ川崎へ。

マガジンカバーの世界展早く着いたので、ホール入口横の企画展示室で開催していた、「マガジンカバーの世界展~ロートレック、ミュシャ、ビアズリー…」を、一巡。
19世紀末、アール・ヌーヴォーの時代の画家たちが手がけた、「雑誌」という新興メディアの表紙画のコレクション。「現代」と「歴史」のひとつの接点、という趣だ。
ドビュッシーやフォーレといった、近代フランスの芸術家の評伝や評論や書簡集を読んでいると、まさにバックグラウンドに存在しているような世界。
川崎市民ミュージアムの収蔵品だそうだ。川崎市面白いもんを持ってるじゃん。
入場無料だし、15~20分もあれば回れる展示量だし、近代芸術の好きな方、ミュシャやビアズリーの耽美がお好きな方は、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

開演45分前から、指揮者シズオ・Z・クワハラ氏によるプレトーク。
日系・米国籍の若手指揮者(1976年生まれ)で、10歳からずっとアメリカにいるそうだが、完璧な日本語を話す方だ。
日フィル首席奏者による弦楽四重奏を伴い、ラフマニノフの各種作品のさわりを実際に音出ししながらの、なかなか興味深い進行。
最後に、ラフマニノフの学生時代の習作の弦楽四重奏曲の第1楽章をまるごと聴くことができた。

開演。
1曲めの「ヴォカリーズ」、オケ版やいろいろな楽器のソロではよく聴くけれど、実際のヴォカリーズ(歌詞のない唱法)で聴いたのは初めてかも。
歌詞がないというのは、ごまかしが効かないけれど(人の声を、楽器と同じ判断基準で聴くことになる)、安井さんは見事に歌われていた。
2曲めのコープランドは、日フィルのクラリネット首席奏者の伊藤さん。
暗譜。大きな身体で、音色も音量も余裕綽々という感じ。
しかしこの曲、テンポが速くなってから延々と続く機械的なパッセージの応酬は、睡魔を誘いますなあ(苦笑)

休憩後は、ラフマニノフの「3番」。
すばらしく整った演奏だった。
定期演奏会以外の日フィルで、こんなにアンサンブルがちゃんと整理された演奏を聴いたのは、久しぶりではないか。
同じラフマニノフのシンフォニーでも、「2番」みたいな息の長いメロディより、(作品番号が隣の)「シンフォニック・ダンス」みたいな、現代の音楽に通じる機敏さと複雑さが表に出た曲だけれども、演奏のスタイルに合っていた気がした。

« 【小ネタ】馘首割引 | トップページ | きょうの夜は »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【小ネタ】馘首割引 | トップページ | きょうの夜は »