2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】坂口大介サキソフォンリサイタル | トップページ | マルセル・ミュールの誕生日に »

2010.06.23

新生ヤマハホールへ

20100623プーランク/ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
同 /クラリネットとバスーンのためのソナタ
R.シュトラウス(F.ハーゼンエール編)/もう一人のティル・オイレンシュピーゲル
ストラヴィンスキー/兵士の物語(ナレーション付き全曲版)
 矢部達哉Vn、山本修Cb、三界秀実Cl、岡本正之Bn、西條貴人Hn、高橋敦Tp、小田桐寛之Tb、西川圭子Perc
 篠井英介、伊藤ヨタロウ(語り)

今月5日の都響コンサートに挟まっていたチラシでみつけた催し。
われらが都響のスタープレイヤー総出演、この曲目、未だ入ったことのない改築後の新ヤマハホール。
閃くものがあり、帰宅してすぐチケットを(Webぴあで)取った。

開演時間ぎりぎりで駆け込む。
ホールのある7階までのエレベーターが混んでいて入場に時間がかかる、という前評判だったのだが、なんと舞台裏方面の運搬用大型エレベーター(グランドピアノが入る大きさ?)を開演前だけお客さん用として稼働させる、という荒技に出ていて、無事すぐに入れた。
2階席込みで333という小さなキャパ、木質の落ち着いた内装、高い天井、湾曲した反響板など、みなとみらいの小ホールを一回り小さくした感じ。(改築前のヤマハホールにはもう20年以上入っていないので、どんなだったか忘れてしまった)

「兵士の物語」というタイトルの催しだったけれど。
ワタシ的には前半の3曲がメインプロでした。
愛して止まないプーランクの2つのソナタ、そして、R.シュトラウスの「ティル・オイレンシュピーゲル」をたった5人の演奏者(Vn、Cb、Hn、Cl、Bn)でほぼそっくり再現してしまった、ハーゼンエールの傑作編曲(←サックス四重奏と上手なフルート1人という5人で出来そうかも、と思いつつ聴く)。
「ホルン、トランペット、トロンボーンのためのソナタ」は、17年前、私が東京で組んで活動していたサクソフォンカルテットでリサイタルをした時、アルト、テナー、バリトンの3人で吹いたことがある。
編曲は私がやりました。当時住んでいた家の近所の喫茶店(今は無い)に五線紙を持ち込んで、まる1日居座って書き上げたことを懐かしく思い出す。
実演で聴いたのは二度めだったりする。最初は31年前(1979年)、高校生のとき。北村源三Tp、田中正大Hn、伊藤清Tbというメンバー(!)だったのを覚えている。

休憩後は、舞台の左右にナレーター2人(兵士役と悪魔役)が座って、「兵士の物語」を全部。
これだけで上演時間まる1時間。
これはやっぱり「言葉」とともに聴くべく曲だなあと実感。
普段聴くCDは組曲版だけれど、音楽だけだとなんか掴みどころが無いまま終わってしまう感じがするから。
ナレーションもマイク乗りのよいクリアな声で素晴らしい熱演だった。こちらの方面は詳しくないけれど、相当な実力のある有名な方とお見受けした。

普段オーケストラの一員として聴いている演奏者の皆さんの何気なくもとてつもない巧さに、改めて驚嘆。
こういう控えめで確実無比で落ち着いた巧さというのは、サックスの世界ではあまりお目にかかれない気がする。
先日聴いたティモシー・マカリスター氏がまさしくそういう上手さの極北で、ワタシ的にはセンセーションだったんだけれど…

なんと偶然にも、隣席は在京オケ聴き仲間のY氏。
やはり5日のチラシを見て、示し合わせたかのように私と全く同じ行動をとったということらしい(笑)

« 【告知】坂口大介サキソフォンリサイタル | トップページ | マルセル・ミュールの誕生日に »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】坂口大介サキソフォンリサイタル | トップページ | マルセル・ミュールの誕生日に »