2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】田村真寛リサイタル2nd | トップページ | 光の中を歩む…井上二葉ピアノ独奏会 »

2010.04.05

花ざかりの上野の山にて

京都フランス音楽アカデミー特別演奏会京都フランス音楽アカデミー教授陣による特別演奏会(東京文化会館・小ホール)

平義久(1937-2005)/Filigrane I
 Fl:ピエール=イヴ・アルトー、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
プーランク/チェロソナタ
 Vc:フィリップ・ミュレール、Pf:パスカル・ロジェ
ショーソン/終わりなき歌Op.37
 Sp:ペギー・ブーヴレ、Vn:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、森悠子、Va:ブルーノ・パスキエ、Vc:フィリップ・ミュレール、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
ベルリオーズ/「イタリアのハロルド」より第1楽章(リスト編)
 Va:ブルーノ・パスキエ、Pf:パスカル・ロジェ
アラン・ゴーサン(1943-)/オジーヴ
 Fl:ピエール=イヴ・アルトー、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
サン=ジョルジュ/協奏交響曲ト長調Op.13
 Vn独奏:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、アレッサンドロ・モッチア
 京都フランス音楽アカデミー合奏団

毎年春の楽しみ、京都フランス音楽アカデミーの東京演奏会。
フランスの第一線のプレイヤー=教育者が奇蹟のように集っての、フランス室内楽の精華。

今年で21回めだそうだ。
一頃はずっとここ東京文化の小ホールだったけれど、近年はみなとみらい小ホールをはじめ、いくつかのホールを転々としていた。
今年は東京・春・音楽祭の一環ということで、めでたくも花見客で賑わうこの上野の山に戻ってきた。
大ホールではちょうど「パルシファル」の上演中。

今年もまた、他の機会や場所ではまず絶対に聴けないであろう豪華さだった。
何年か前にプログラム変更で聴くことのできなかったショーソンの「終わりなき歌」(ソプラノ独唱+ピアノ+弦楽四重奏という編成)が聴けたのが嬉しい。
臆面もなくセンチメンタルで、しかし凛とした、フランス・ロマン派音楽の最も美しいページ。

ポーカーフェイスを崩さぬまま、唖然とするような完璧なフォルムを繰り出すチェロのミュレール師。
鬼瓦のような顔で、やはり鬼神のように弾きまくるヴィオラの巨匠、パスキエ師。
弾き終わって拍手を浴びて、ニヤッと笑う顔がまた迫力がある。
ピアノはパスカル・ロジェにクリスチャン・イヴァルディ(!)というお二人の交替ですよ。

ただメンバーが凄いだけでなく、セミナーの講師演奏会、という独特のノリというものはある。
単なる「仕事」ではなく、私は「音楽」を若い人たちに伝えるためにここにいる、という演奏者の気概が、音楽を格別に価値あるものにしている、気がする。
最後はセミナー受講生から選抜されたメンバーの合奏をバックに、ヴァイオリンのお二人によるギャラントな競奏。
夢のような2時間だった。
来年もまた聴きたい。
できればここ、東京文化の小ホールがいいな。

« 【告知】田村真寛リサイタル2nd | トップページ | 光の中を歩む…井上二葉ピアノ独奏会 »

コンサート(2010年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】田村真寛リサイタル2nd | トップページ | 光の中を歩む…井上二葉ピアノ独奏会 »