2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 聖金曜日の音楽(ではないが) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル2nd »

2010.04.03

編曲中

中国人の名前ではありません;

春は毎年、楽譜を書く季節。
今日の練習で出来上がったところまで音出しした、今年のメインプロをチラ見せ。

20100403

ベタですね。
でも、例えば去年書いたA.リードの「オセロ」みたいな、成功が予測できる変化球ばかりではなく、時にはこうして、とてもオーソドックスで誤魔化しのきかないものに取り組むことも必要だ。

この曲は、高校1年生のときに吹いたことがある。(第2楽章)
自分で意識をしてクラシックの大曲と呼ばれるものの演奏に取り組んだ、記憶にある限り最初の経験だったので、強烈な印象が残っている。
そのとき(33年前)に買った、真っ黄色に変色した古いポケットスコア(全音、750円)を再び開いて、隅々まで読み込む日々。

« 聖金曜日の音楽(ではないが) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル2nd »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

おお、シェヘラザードですかsign01 まさか、全曲ですか?
しかしThunder氏も、ワタクシ同様、原点がD高ブラスですなぁ~smile

全曲ではありませんが、最初と最後をおさえたハイライトになる予定です。
披露は10月16日(土)です。是非お越しください。

自分ではD高云々はあまり考えていないのですが、ほとんど無意識の領域で既にそうなっちゃっているようです。
いずれ「惑星」や「スターウォーズ」もやってみたいと考えている自分がいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聖金曜日の音楽(ではないが) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル2nd »