2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.30

【告知】雲井雅人サクソフォーンリサイタル2010

ちょっと記憶にないくらい寒かったこの4月も、ようやく一段落。
ゴールデンウィークとやらが始まっている。
今月最後のエントリは、雲井雅人氏の東京圏では実にひさびさのリサイタルの告知です。

Masato Kumoi, 100520雲井雅人サクソフォーンリサイタル2010

2010年5月20日(木)19:00開演
会場:津田ホール
入場料:全自由席¥4500(大学生以下¥4000)
曲目:
J.S.バッハ(大野理津編)/イタリア協奏曲
グラズノフ(伊藤康英編)/サクソフォーン協奏曲
ラーション(成本理香編)/サクソフォーン協奏曲
J.S.バッハ/ブランデンブルク協奏曲第2番*

出演:
雲井雅人(S.Sax・ASax・Sn.Sax)
クァルテット・グラーツィア(Vn相原千興、磯田ひろみ、Va富田大輔、Vc寺井創)
藤井亜紀(Pf)
*菅原潤(Fl)、庄司知史(Ob)
問い合わせ:レックス

続きを読む "【告知】雲井雅人サクソフォーンリサイタル2010" »

2010.04.28

フィラデルフィア・サウンド

The Philadelphia Orchestra, 100427フィラデルフィア管弦楽団(サントリーホール)

ストラヴィンスキー/バレエ音楽「火の鳥」(1910年版全曲)
同 /バレエ音楽「春の祭典」
 指揮:シャルル・デュトワ

初めて生を聴いた。
私が15歳、高校1年生のとき、生まれて初めて自分の意志で、自分のお小遣いで買ったクラシック音楽のレコードというのが、オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団の「シェエラザード」(CBSソニー)だった。
あれから幾星霜。
余談だけど、そのときもう1枚買ったレコードというのが、ヨッフム指揮コンセルトヘボウのワーグナー序曲集だった、てのは渋いでしょ(笑)

爾来33年。
実のところ、格別に感動した、という訳ではなかったけれど、とても感慨深かったし、いろいろなことを感じたり考えたりした。

アルゲリッチはトンズラしたらしいが。
私が聴いた27日のプログラムは関係なし。

続きを読む "フィラデルフィア・サウンド" »

2010.04.27

【告知】日仏サクソフォン交流演奏会

ジェローム・ララン氏から連絡を戴く。
ララン氏が教えている、パリ近郊のオルネースーボワ(Aulnay-sous-Bois)の音楽院のサクソフォンアンサンブルの日本ツアーの件だった。
日本サクソフォーン協会の催し案内や、kuriさんのブログでも既に告知されているが、こちらでも宣伝など。

20100505オルネイスボワ音楽院&洗足学園音楽大学 サクソフォーン交流演奏会
2010年5月5日(水) 14:00開演
会場:洗足学園音楽大学 講堂(2400)
入場無料
出演:
オルネイスボワ音楽院 Saxophone Ensemble《Continuo》
 音楽監督:ジェローム・ララン
 ゲスト:大城正司
洗足学園音楽大学サクソフォーンオーケストラ
 指揮:岩本伸一

続きを読む "【告知】日仏サクソフォン交流演奏会" »

2010.04.26

ザッツ

That's, 100424土曜日のこと。
定例の用事を済ませた夕方、ザッツ・サクソフォン・フィルハーモニーを聴きにゆく。
先週の交流会でメンバーの何人かの方とお話しし、チケットもいただいたのだった。
かなり久しぶりの気分。
こちらのアンサンブルは、創設者にあたる人が古い顔見知りだったりしたもので、創設間もない頃に一度聴いたことがあったけれど、もしかしたらそれ以来か。

続きを読む "ザッツ" »

2010.04.24

【小ネタ】木製の…

http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/

真ん中へんの「スプリングコンサート」の曲目を見てください。

出演者のかたから教えていただきました。

もうひとつ、マーラー3番

KanaPhil, 100423神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第262回定期演奏会(みなとみらいホール)

マーラー/交響曲第3番
 Ms:波多野睦美
 神奈川フィル合唱団、小田原少年少女合唱隊
 指揮:金聖響
 (コンサートマスター:石田泰尚)

今までにも何度も書いているように、マーラーの交響曲第3番は、この世の中の数あるシンフォニーの中でも、私の最も好きなもののひとつ。
なにしろ1曲1時間40分もかかるので、普段はなかなかステージに架からないけれど、マーラー生誕150年記念の今年は嬉しいことに聴ける機会が多い。
今日は実のところ、楽しみ半分、怖さ半分で臨んだ演奏会だったけれど、結果的にはとてもよかった。

続きを読む "もうひとつ、マーラー3番" »

2010.04.23

エルガー2番

TMSO, 100422東京都交響楽団 第697回定期演奏会(東京文化会館)

モーツァルト/ピアノ協奏曲第17番(Pf:相沢吏江子)
エルガー/交響曲第2番
 指揮:ジェームズ・ジャッド
 (コンサートマスター:矢部達哉)

都響の会員歴はちょうど20年になるけれど、その間エルガーの2曲ある交響曲が定期公演でとりあげられたことは記憶にある限り一度もない。(もっと昔にはマッケラスが一晩で両方を振ったことがあったらしいが)
一昨年、他人の手になる補作(というか「騙作」と言いたい)である「3番」が演奏されたけれど、その前に真作の2曲をちゃんと聴かせてくれよ、と思ったものだった。
ということで、やっと実現したこのエルガー月間だったわけです。

続きを読む "エルガー2番" »

2010.04.22

故きを温ねて

田村真寛_recital田村真寛 サクソフォーンリサイタル2nd(トッパンホール)

モーツァルト(田村真寛編)/歌劇「フィガロの結婚」序曲
ベートーヴェン(田村真寛編)/『魔笛』の「愛を感ずる男たちは」の主題による7つの変奏曲
シューベルト(田村真寛編)/アルペジョーネ・ソナタ
J.S.バッハ(伊藤康英編)/管弦楽組曲第3番より序曲*
メンデルスゾーン(田村真寛編)/ピアノ三重奏曲第1番*
 田村真寛(Sax)
 野田清隆(Pf)、*遠藤真理(Vc)

個人的にいろいろゴタゴタしていて、たいぶ日にちが経っちゃいましたが。
田村さんのリサイタルでした。
大きな本番の翌日だったけれど、美しいホールで贅沢で素敵な時間を過ごした。

あの衣裳(笑)ではなかった。あれはレンタルだったそうで。
でも襟と袖にフリルを付けてみましたとアンコール時に本人より釈明あり(笑)
例のチラシは告知記事に使ったので、今回はプログラムの表紙をば。

続きを読む "故きを温ねて" »

2010.04.19

サクソフォン交流会

20100417第1回サクソフォン交流会、終了しています。

いったいどこからどうまとめたらよいのかよく分かりませんが…
私自身は体調不良のため色々と不行き届きなところがあり、また自分たちの演奏にも到底満足は行っていない(どころかむしろやらない方が良かったくらいの代物)ので、複雑な心境ではあるのですが、少なくとも催しとしては大成功だったのではないかと自負しています。
ご出場いただいた各地の団体の皆様、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。狭苦しい思いをさせて申し訳ありません。

続きを読む "サクソフォン交流会" »

2010.04.16

明日は交流会本番

咳が止まりません。
やばい。

明日はいよいよサクソフォン交流会本番。
自分の演奏はまあ、なるようにしかならないので悩んでも仕方ないんだけど、準備で何か忘れていることはないか、キャパ150の会場にいったいどれだけの人が来るのか(演奏者だけで60人います)、雪は降るのか(爆)、とか、ドタンバで心配事多し。
まあ、なんとかするしかないでしょう。

関係者のみなさま、明日は宜しくお願いいたします。

エルガー1番

数日前から風邪引いて倒れてました。
昨日(14日)の午後あたりからなんとか復活。今日は片づけたい用事があって会社は休みにしてたんだけど、週末は本番でもあるし、用心して家で休憩していました。
といいつつ夜のこれだけは(家から直接)行ってしまう。
寒いよお。まるで真冬のようだ。

TMSO, 100415東京都交響楽団 第696回定期演奏会(サントリーホール)

ヴォーン=ウィリアムズ/「すずめばち」序曲
ウォルトン/ヴィオラ協奏曲(Va:今井信子)
エルガー/交響曲第1番
 指揮:ジェームズ・ジャッド
 (コンサートマスター:矢部達哉)

続きを読む "エルガー1番" »

2010.04.12

フランスのピアニスト蘊蓄話

3年余りの仮店舗での営業を経て、この春に新築・竣工成ったヤマハ銀座店に、遅ればせながらやっと入ることができた。
ゴージャスですね~。全体に黒っぽい薄暗い内装は、ブランドショップみたいだ。「銀座」というイメージを第一に狙ったか?
エスカレータースペースを作ったせいか、店の中は以前より狭くなった気がした。

ご祝儀代わりに、というわけではないけれど、パスカル・ロジェが弾くフォーレのピアノ曲集のCD(Decca原盤)を買う。

Pascal Roge, Faure
ユニバーサル・クラシックス UCCD-50077

続きを読む "フランスのピアニスト蘊蓄話" »

2010.04.10

彫像のような…ブロムシュテット、マーラー9

NHKSO, 100410NHK交響楽団 第1670回定期演奏会[Aプログラム](NHKホール)

マーラー/交響曲第9番
 指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
 (コンサートマスター:篠崎史紀)

「N響のマーラー」を聴いた。
ブロムシュテットとの「9番」は、その昔にたいへんな名演があったらしい。
期待しつつ3階席に座る。
余談だけれど、私は昔、ブロムシュテットに(顔が)似てる、って言われたことがあります(笑)

続きを読む "彫像のような…ブロムシュテット、マーラー9" »

光の中を歩む…井上二葉ピアノ独奏会

Futaba Inoue, 100409井上二葉 ピアノ独奏会2010(浜離宮朝日ホール)

J.S.バッハ/イギリス組曲第5番BWV810
P.デュカ/ラモーの主題による変奏曲、間奏曲と終曲
G.フォーレ/ヴァルス・カプリス第2番Op.38、舟歌第9番Op.101、即興曲第5番Op.102、夜想曲第6番Op.63
J.Y.ダニエル=ルスュール/心の痛み
同 /フランス組曲(ディヴェルティメント~メヌエット~カンティレーナとロンド・パストラール)

一夜明けたが金曜日の話。
眠くてしょうがない。
前夜が、17日の本番に向けての最終練習だったのだ。
久しぶりの平日練習でクタクタに疲れた上に、帰りも激遅。
練習が終わってご飯を食べに行った先で、メンバー2人が酔っ払って大激論が始まってしまい、閉店の時間も過ぎて店の人が露骨に早く出てけという顔しているのもお構いなしに話が止まらないもので、最後は強制退出(苦笑)
帰宅は1時近くでした。
というわけで仕事は早々に見切りをつけて、それでもこのコンサートを聴きに浜離宮朝日へ。

続きを読む "光の中を歩む…井上二葉ピアノ独奏会" »

2010.04.05

花ざかりの上野の山にて

京都フランス音楽アカデミー特別演奏会京都フランス音楽アカデミー教授陣による特別演奏会(東京文化会館・小ホール)

平義久(1937-2005)/Filigrane I
 Fl:ピエール=イヴ・アルトー、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
プーランク/チェロソナタ
 Vc:フィリップ・ミュレール、Pf:パスカル・ロジェ
ショーソン/終わりなき歌Op.37
 Sp:ペギー・ブーヴレ、Vn:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、森悠子、Va:ブルーノ・パスキエ、Vc:フィリップ・ミュレール、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
ベルリオーズ/「イタリアのハロルド」より第1楽章(リスト編)
 Va:ブルーノ・パスキエ、Pf:パスカル・ロジェ
アラン・ゴーサン(1943-)/オジーヴ
 Fl:ピエール=イヴ・アルトー、Pf:クリスチャン・イヴァルディ
サン=ジョルジュ/協奏交響曲ト長調Op.13
 Vn独奏:ジャン=ピエール・ヴァレーズ、アレッサンドロ・モッチア
 京都フランス音楽アカデミー合奏団

毎年春の楽しみ、京都フランス音楽アカデミーの東京演奏会。
フランスの第一線のプレイヤー=教育者が奇蹟のように集っての、フランス室内楽の精華。

続きを読む "花ざかりの上野の山にて" »

2010.04.04

【告知】田村真寛リサイタル2nd

桜咲く週末。
しかし暖かくなりませんねぇ。

田村真寛・100418さて、若手サクソフォン奏者・田村真寛さんの第2回リサイタルの告知依頼を受けましたので、以下に宣伝。
バロックからロマン派まで、大胆にも全部アレンジ作品による曲目。
田村さんは数年前の日本サクソフォーン協会の新人演奏会でも、他の出演者の皆さんのムズカシげなオリジナル作品がどーっと並んだ中、トリでシューマンの「幻想小曲集」を泰然と演奏されていたのがとても印象に残ったものだった。
今回はまた、このインパクトあるチラシが各所で反響を呼んでいるようで…
#このチラシをはじめて手に取って見たK柳M奈子センセが、その場にヘタリ込んで笑い出した現場にワタシは居合わせました(笑)

今回は私も伺えそうなので、楽しみです。
本番(交流会)の翌日だな。

■田村真寛 サクソフォン・リサイタル2nd
2010年4月18日(日)13:30開場 14:00開演
トッパンホール
共演:野田清隆(ピアノ)、遠藤真理(チェロ)
入場料:全席自由 一般4000円/学生2000円 (当日 一般4500円/学生2500円)

・プログラム
W.A.モーツァルト/「フィガロの結婚」より序曲
L.v.ベートーヴェン/「魔笛」の主題による7つの変奏曲 変ホ長調 WoO46
F.シューベルト/アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
J.S.バッハ/管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV.1068 より 序曲
F.メンデルスゾーン/ピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 op.49
 チケット:トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222

2010.04.03

編曲中

中国人の名前ではありません;

春は毎年、楽譜を書く季節。
今日の練習で出来上がったところまで音出しした、今年のメインプロをチラ見せ。

20100403

続きを読む "編曲中" »

2010.04.02

聖金曜日の音楽(ではないが)

JapanPhil, 100402日本フィルハーモニー交響楽団 第619回定期演奏会(サントリーホール)

メンデルスゾーン/交響曲第5番「宗教改革」
ワーグナー/楽劇「パルシファル」より 第1幕への前奏曲
同 /楽劇「トリスタンとイゾルデ」より 前奏曲と愛の死
 指揮:上岡敏之
 (コンサートマスター:扇谷泰朋)

日本フィルの定期会員券を買うきっかけになったコンサートのひとつでもある。
ちょうど1年前の新日本フィルで、数十年に一度レベルの忘れがたい印象を残した、マエストロ上岡の登場。
どうでもいいことだがあの衝立状前髪、間近で見るとすごいな。毎朝がんばって作ってるんだろうか(笑)

続きを読む "聖金曜日の音楽(ではないが)" »

2010.04.01

K高定演2010

Spring Concert, 20100331もう日付が変わってしまったが、年度最後の日。
K高のスプリング・コンサートへ。
今年の会場は、狛江駅前のエコルマホール。
卒業生を送り出す行事であると共に、1年の活動の締めくくりでもあり、実質的に「定期演奏会」である。
今年は第20回という記念の年。

続きを読む "K高定演2010" »

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »