2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 響きの天才…アレクサンドル・タロー | トップページ | 再び、オザワのブルックナー »

2009.12.06

サクソフォーン・フェスティバル最終リハ

Saxophone Festival 2009土曜日は、定例アンサンブル練習日。

来週のサクソフォーン・フェスティバル2009(日本サクソフォーン協会主催、パルテノン多摩)の、初日のアマチュア団体ステージに今年もまた出場させていただくことになっている(4年連続出場)ので、そのための練習。

曲は、アルフレッド・リード博士作曲の「オセロ」。
不肖ワタクシ編曲の11saxバージョン(今回、フェスティバル出場をにらんできちんと編曲許諾の手続きを取りました)。
出番は12日(土)の午後1時頃です。

なにしろ1年近く練習してきた曲なので、ほぼ「スイッチひとつで自動演奏」状態まで作り込まれている。
ま、今日は休みの人も多いし、今更いいでしょう、ということで、通し中心であまり突っ込まずに終わる。
練習の半分くらいは雑談だったかもしれない。
それもまた良し。

楽器を片づけて外に出たら、土砂降りの雨。
やれやれ。

« 響きの天才…アレクサンドル・タロー | トップページ | 再び、オザワのブルックナー »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 響きの天才…アレクサンドル・タロー | トップページ | 再び、オザワのブルックナー »