2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« クローバー2009 | トップページ | 合宿第一夜 »

2009.09.19

出発前夜、NJP

明日から私たちのアンサンブルの合宿(奥志賀高原)。
コンサートをきいて帰ってきてから準備を始め、やっと一段落したので、急ぎブログを更新。
今回、家まで車で迎えにきてもらえることになったので、最後にバリトンサックスをハードケースに換装するという作業が残っている。こういうときに得てしてトンでもない忘れ物が発生するんだよなあ(むかし在籍したバンドの合宿のとき、テナーのネックだけ詰め替え忘れたことがある。あれは参ったなあ)。注意注意。

NJP, 090918新日本フィルハーモニー交響楽団 第450回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

メンデルスゾーン/序曲「海の静けさと幸ある航海」
R.シュトラウス/メタモルフォーゼン
ベートーヴェン/劇音楽「エグモント」全曲(Sp:サンドラ・トラットニック、ナレーター:広瀬彰勇)
 指揮:クリスティアン・アルミンク

新日本フィルの定期は、旅に出る前の日とか、大きな本番の前夜に当たることが多い。
なんとなく嬉しいことだ。

新日本フィルというと、なんといっても管セクションの自在でノリのよいありようが魅力だと思っていたけれど、今日は弦の深く厚い音色に最も感銘を受けた。
「メタモルフォーゼン」(23の独奏弦楽器のための)が圧巻だった。あのどこまでも続く旋律線!
明日(2日め)の振替え席のため、いつもの席ではなくほとんどステージの斜め真上に近いバルコニー席だったせいかな。でも、それだけじゃない。
もちろん管も、ホルンの吠えまくり様とか、エグモントの「序曲」でのWセンセのピッコロの炸裂っぷりは、他のオーケストラではなかなか聴けない。

しかし思ったのは、「エグモント」というのは「序曲」だけでシンフォニー1曲に匹敵するような傑作だ、ということ。
劇音楽版の他のナンバーは、正直言ってそれほどでもない。
「序曲」だけでいいから、最高の演奏で聴きたい。
劇の筋書きをナレーションで入れながらの演奏だったけれど、聞いていてもよく分からなかった。ナレーションそのものは声も聞きとりやすく、良かったけれど。
ゲーテ繋がりの選曲とのことで、前プロの2曲にも前置きのナレーションが入っていたが、前にも書いたような気がするけれど私は基本的にナレーション付きのコンサートはあんまり好きじゃないので…

今日の出演者。

Member_090918

« クローバー2009 | トップページ | 合宿第一夜 »

コンサート(2009年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クローバー2009 | トップページ | 合宿第一夜 »