2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

3ヶ月ぶりの

TMSO, 200909東京都交響楽団 第684回定期演奏会(サントリーホール)

ストラヴィンスキー/サーカス・ポルカ
モーツァルト/ピアノ協奏曲第24番(Pf:パウル・バドゥラ=スコダ)
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「カルタ遊び」
同 /バレエ組曲「火の鳥」(1945年版)
 指揮:アンドリュー・リットン

久しぶりの都響。
7月7日の中村紘子さん以来、主催公演では6月のサントリー以来。3ヶ月も空いてしまった。

続きを読む "3ヶ月ぶりの" »

2009.09.28

One-handed saxophone on YouTube

当ブログの3年前のエントリである「右手だけで吹けるサクソフォン」に最近いただいたコメントがきっかけで、こんな動画を見つけることができた。
YouTube貼り付け初挑戦。

続きを読む "One-handed saxophone on YouTube" »

2009.09.27

秋山東響ラフ2

土曜日のこと。
朝は新宿2丁目の行きつけのお店へ、ソプラノを持ち込む。
セルマーのソプラノの調整は微妙だなあ、と、つくづく悩ましい。
6月にも調整したところだし、ワタシ程度の使い方ならほとんど問題ないレベルのはずなんだがなあ。
お店では懐かしいお方等、いろいろと遭遇。

TSO, 090926その後は、恒例青梅往復のあとの夕刻、サントリーホールへ。

東京交響楽団 第570回定期演奏会(サントリーホール)

シューマン/ピアノ協奏曲(Pf:小山実稚恵)
ラフマニノフ/交響曲第2番
 指揮:秋山和慶

続きを読む "秋山東響ラフ2" »

2009.09.26

夜はかくのごとし

「日常」の伝染力(?)てのは、すごいなあ。
初秋の高原での4日間のファンタスティックな記憶が、たった1日か2日で吹っ飛んで、いつもどおりの週末へなだれ込む。
Arcanto Quartett金曜日の夜はコンサートへ。

アルカント・カルテット(王子ホール)

ドビュッシー/弦楽四重奏曲
デュティユー/弦楽四重奏曲「夜はかくのごとし(Ainsi la nuit)」
メンデルスゾーン/弦楽四重奏曲第6番

続きを読む "夜はかくのごとし" »

2009.09.22

合宿終了

合宿終了
いったい何泊したのかももはやよく分からないんですが、旅には必ず終わりがあります。奥志賀高原を後にこれから東京に帰ります。食事を1時間かけて摂るような優雅な生活ともお別れ。渋滞怖いよぉ。

志賀高原一沼。去年も写真撮りましたが、今年はやっぱり涼しいのかな、紅葉の具合が去年よりも早いです。

2009.09.19

合宿第一夜

合宿第一夜
奥志賀高原での合宿が始まりました。
初日の夜は、他の宿泊者の方を前に、お披露目会。

出発前夜、NJP

明日から私たちのアンサンブルの合宿(奥志賀高原)。
コンサートをきいて帰ってきてから準備を始め、やっと一段落したので、急ぎブログを更新。
今回、家まで車で迎えにきてもらえることになったので、最後にバリトンサックスをハードケースに換装するという作業が残っている。こういうときに得てしてトンでもない忘れ物が発生するんだよなあ(むかし在籍したバンドの合宿のとき、テナーのネックだけ詰め替え忘れたことがある。あれは参ったなあ)。注意注意。

NJP, 090918新日本フィルハーモニー交響楽団 第450回定期演奏会(すみだトリフォニーホール)

メンデルスゾーン/序曲「海の静けさと幸ある航海」
R.シュトラウス/メタモルフォーゼン
ベートーヴェン/劇音楽「エグモント」全曲(Sp:サンドラ・トラットニック、ナレーター:広瀬彰勇)
 指揮:クリスティアン・アルミンク

続きを読む "出発前夜、NJP" »

2009.09.17

クローバー2009

本日9月17日は、アルフレッド・リード博士の4回めの命日でありました。
奇しくも、「オセロ」のスコアを製本していたところ。…

CloverSaxQ_2009昨日16日に聴いたコンサート。

クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル(浜離宮朝日ホール)

J.B.サンジュレー/サクソフォン四重奏曲第1番
C.ドビュッシー/ベルガマスク組曲
松岡大祐/グリーンピース(委嘱作品・初演)
J.アプシル/ルーマニア民謡の主題による組曲
J.リュエフ/四重奏のためのコンセール

続きを読む "クローバー2009" »

2009.09.15

異才たちの名演

最近入手してハマっているCDについて、2枚ばかりレビューを書いてみます。

Richter, Debussy

リヒテル・プレイズ・ドビュッシー(Melodiya)
ドビュッシー/ベルガマスク組曲、前奏曲第1巻より4曲、前奏曲集第2巻(全曲)

続きを読む "異才たちの名演" »

2009.09.13

練習と準備

土曜日のこと。

昼は、横浜は山下町にて、カルテットの練習。
秋に、うちのアンサンブルメンバーの仕事関連の会合のレセプションでの余興演奏を毎年恒例で引き受けていて、初めての組み合わせのメンバーなので早めに集まってみたというところ。
初めての組み合わせとはいっても、基本的に日頃一緒にやっている顔ぶれだから、特に問題はなく、皆で持ち寄ったお気楽系レパートリーの楽譜の山を、端から初見で音にしてゆく。
実際の本番は2ヶ月以上先だけど、きっといい演奏ができるだろう。

夕刻は新宿に移動。
来年の4月をメドに、私も準備委員会のメンバーに加わっている、東京近郊の、と言わず日本の各所のアマチュア・サクソフォンアンサンブルの相互交流を目指したイヴェント(演奏会ではないけれど、勿論演奏もするので一応演奏会と呼んでおく)の企画が進行していて、そのための打ち合わせ。
詳細は近日中に公開できると思うので、楽しみにしていてください。
そのせつは各地の同志の皆様の協力も得なければならないので、なんとかうまく準備していきたいと思っている。

続きを読む "練習と準備" »

2009.09.10

このさきのこと

ある意味小ネタです。

手許にある、これから先行く予定の演奏会チケット全部。

Tickets 2009-10

以前にも同じような写真を撮ったことがあった。
更にパワーアップしているような気がする。
最遠は来年7月31日…

2009.09.09

国立音大のアンサンブル

20090907国立音楽大学専攻生によるサクソフォーンアンサンブル2009(府中の森芸術劇場・ウィーンホール)

J.S.バッハ(北方寛丈編)/無伴奏パルティータ第3番より
F.クロンマー(新川奈津子編)/六重奏曲ハ短調
H.ヴィラ=ロボス(圓田勇一編)/ブラジル風バッハ第1番
挾間美帆/組曲 PATTERNS
D.ミヨー(柏原卓之編)/スカラムーシュ
 A.Sax独奏:下地啓二
G.ホルスト(柏原卓之編)/惑星~サクソフォンオーケストラによる空間音楽への試み
 指揮:雲井雅人

月曜日のこと。
いろいろすることがあったので、前日が発表会だったこともあり、「本番休暇」と称して1日出歩く。
おかげで6時半開演のこのコンサートが聴けた。
仕事の後だったらさすがに厳しいところだった。
とてもいい演奏会だった。学生の演奏会、という枠を軽く越えていたように思った。

続きを読む "国立音大のアンサンブル" »

2009.09.07

浦和にて本番

20090906ウラワの地にて、発表会本番。

モモンガラボ高木さんとピアニストの奥様の門下生とその関係者による、イベールの小協奏曲とデニゾフのソナタをたて続けに吹くような現役音大生から、私の同世代のアマチュアの方、ピアノ独奏やヴァイオリン独奏(小学校5年生の男の子)、無伴奏トランペット独奏(武満の『径』!)など、さまざまな出場者による会だった。

続きを読む "浦和にて本番" »

2009.09.06

シベリウスの夕べ

TSO, Sibelius, 090905東京交響楽団 東京オペラシティシリーズ#51〜日本・フィンランド修好90周年記念

シベリウス/フィンランディア(合唱付)
同 /悲しきワルツ
同 /「カレリア」組曲
同 /劇音楽「テンペスト」(全曲、フィンランド語上演・日本初演)
 Sp:ヘレナ・ユントゥネン、Ms:ティーナ=マイヤ・コスケラ、Tn:ニアル・コレル、Br:ペッテリ・サロマ、大塚博章
 合唱:東響コーラス(合唱指揮:松原千振)
 指揮:大友直人

シベリウスの劇音楽というのは私のとても好きなジャンルなんだけれど、実際に演奏会にかかることはきわめて珍しい。
稀少な機会を楽しみにしていた。
フィンランド大使館の全面的後援により、ロビーにはフィンランド大統領の来日時の写真や1985年の皇太子夫妻(現・天皇皇后両陛下)のフィンランド訪問時の写真やらがパネル展示され、ちょっといつもと違う雰囲気。

続きを読む "シベリウスの夕べ" »

2009.09.04

6人組の風

9月になって、秋のコンサートシーズンも開幕。
最初は東京文化の小ホールだった。

les sixレクチャー・コンサート「作曲家の挑戦」シリーズ~フランス6人組の風(東京文化会館・小ホール)

オネゲル/クラリネットとピアノのためのソナチネ
タイユフェール/アラベスク(赤坂さん曰く「たぶん日本初演」)
ミヨー/スカラムーシュ
デュレ/3つの短い小品(赤坂さん曰く「おそらく絶対日本初演」)
オーリック/映画音楽「ムーラン・ルージュ(赤い風車)」より ワルツ
プーランク/クラリネット・ソナタ
 ナビゲーター&クラリネット:赤坂達三
 ピアノ:浦壁信二

続きを読む "6人組の風" »

2009.09.03

ダンス・アルメニエンヌ

週末に東響の演奏会で、シベリウスの劇音楽「テンペスト」の合唱付き全曲ヴァージョンの日本初演というのを聴くことになったので(指揮は大友さん)、予習をかねてCD(CDは合唱無しの組曲版だけど)を鳴らしているところ。

Sibelius, Jalas

続きを読む "ダンス・アルメニエンヌ" »

2009.09.02

グルッペン観戦記

SummerFes2009サントリー音楽財団創設40周年記念 サマーフェスティバル2009
特別演奏会「グルッペン」(サントリーホール)

リゲティ/12人の女声とオーケストラのための「時計と雲」
シュトックハウゼン/3群のオーケストラのための「グルッペン」(※2回演奏)
 指揮:スザンナ・マルッキ(リゲティ、グルッペン:オーケストラ2)
 指揮:パブロ・ヘラス=カサド(グルッペン:オーケストラ1)
 指揮:クレメント・パワー(グルッペン:オーケストラ3)
 女声合唱:東京混声合唱団(合唱指揮:松原千振)
 NHK交響楽団

やー面白かった。
8月最後の日、台風の通りすぎる中、サントリーホールにて破天荒な演奏会を聴いた。
かの前衛の大家シュトックハウゼンの大作「グルッペン」、35年ぶりの日本での再演。

続きを読む "グルッペン観戦記" »

2009.09.01

アイル2009

20090830

日曜日。
嵐を予感させる不気味な天気の中、サクソフォーンラージアンサンブル・アイルさんの演奏会に出かける。
新宿の地下街を区役所前の階段から出て、「四季の路」をくぐって新宿文化センターへ。
学生時代から何度も通った道だ。
新宿文化で演奏会をやって、打ち上げはコマ劇場前で、店が閉まるまで騒いで、当然電車なんか無くて、「マイアミ」や「上高地」といった深夜営業の喫茶で夜明けまで訥々とジンセイの話をして、寒風吹きすさぶなか始発電車で帰った大学生の頃。
社会人になってからは、新宿で呑んだり遊ぶことがほとんどなくなってしまったので、「新宿」というと四半世紀以上前のその頃の記憶のまま止まっている。
それはさておき。

続きを読む "アイル2009" »

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »