2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 異才たちの名演 | トップページ | 出発前夜、NJP »

2009.09.17

クローバー2009

本日9月17日は、アルフレッド・リード博士の4回めの命日でありました。
奇しくも、「オセロ」のスコアを製本していたところ。…

CloverSaxQ_2009昨日16日に聴いたコンサート。

クローバー・サクソフォン・クヮルテット リサイタル(浜離宮朝日ホール)

J.B.サンジュレー/サクソフォン四重奏曲第1番
C.ドビュッシー/ベルガマスク組曲
松岡大祐/グリーンピース(委嘱作品・初演)
J.アプシル/ルーマニア民謡の主題による組曲
J.リュエフ/四重奏のためのコンセール

委嘱作品を除けば、一昔前、いや二昔前のキャトルロゾーや東京サクソフォンアンサンブルみたいな曲目だった。
今の時代には、かえって新鮮に響くかも。アンコールもバッハのアリアとデュボワの4楽章だったし。
最後のアンコールにバッハのアリア、というのは、在りし日の東京サクソフォンアンサンブルのお約束のパターンだった。
下地先生の、見ていてもほとんど分からないようなきわめて小さなアクションで、ひそやかに、しかもぴたりと揃って始まるDの和音を思い出す。

そんなわけで、昔と今のサクソフォンカルテットのサウンドや志向の違い、というのが、よく分かった。ような気がする。
例えばアプシルがこんなに繊細な音楽だったのか、ということは、今日の演奏を聴いて初めて気がついたことかもしれない(この曲は私には、有無を言わさず壁を塗ってしまうようなキャトルロゾーの演奏が強烈な印象)。
昔よりも、もっと「ニュートラル」なポジションを、意識しているのだろう。
ニュートラルである、ということは、その気になればどちらへでも行ける、ということ。
それは必要なことだし素晴らしいことではあるけれど、私はやはり、「そのチームならではの音色」「目をつぶっていても判る、そのアンサンブルでなければ聞けない響き」を、聴いてみたいと思う。
というか、「良いアンサンブル」と「偉大なアンサンブル」の差というのは、要するに「それ」があるかどうか、ということなんじゃないかな。
東京のプロオーケストラは、既にそういう次元で勝負する時代に入っていますよ。

松岡さんの委嘱作品はとても面白かった。
全3楽章、アポロSax.Qのレパートリーか何かのようにノリノリで始まるが、曲が進むにつれて、これはまぎれもない「現代ニッポン」の国民楽派だ、ということが明らかになってくる。
ベルガマスク組曲は石毛さんの編曲だったけれど、うーん、私はやはり均一先生の編曲のほうがしっくり来るなあ。

« 異才たちの名演 | トップページ | 出発前夜、NJP »

コンサート(2009年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 異才たちの名演 | トップページ | 出発前夜、NJP »