2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« サクソフォン三重奏 | トップページ | フォーレ歌曲全曲演奏会・第一夜 »

2009.07.09

中村紘子さまオン・ステージ

hiroko nakamura 2009七夕の夜にきいたコンサート覚書き。

東京文化会館《響の森》vol.26~中村紘子・ピアノ協奏曲の夕べ

モーツァルト/ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」
三善晃/ピアノ協奏曲
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
 中村紘子(Pf)
 大友直人指揮 東京都交響楽団

昨年の、ベートーヴェンのピアノ協奏曲5曲全部を一晩で、てのも驚いたけれど、これだって。
一人で一度に弾く曲じゃないでしょう。
(さすがに三善は楽譜を置いて弾いていた)

中村紘子さん、中学3年で日本音コン第1位特賞でデビューして、今年はちょうど50年の記念シーズンだそうだ。
デビュー50周年、ということは、私が生まれる前からずっと(この間に何十人、何百人ものピアニストがデビューしたことと思うけれど、それでも)、この世界の第一線に居続けている、ということ。
スゴ過ぎる。

あまりにものすごいものを目の前にすると、つまらないことを言う気もなくなる、というものだ。
「ザ・ピアニスト・オブ・ジャパン」に、惜しみない拍手を。

東京文化会館は、見ため9割以上の大入り。
客層が広い。子供や学生さんから、私の同年代、ずっと上のお年寄りまで。オーケストラの定期公演とは一味違う賑わい。

(余談)
職場の机の上に家の鍵を置いて出てきてしまい、終演後携帯の電源を入れたら上司からメールが入っていた。
仕方ないので取りに行きました。

« サクソフォン三重奏 | トップページ | フォーレ歌曲全曲演奏会・第一夜 »

コンサート(2009年)」カテゴリの記事

コメント

三善のコンチェルトで、1番の寺本さんがピッコロに持ち替えていたのが可愛いかったです。ウフッ。(現代曲でないと、なかなかこんな持ち替えは見れないのではないかと...clip

それは気付きませんでした。

ちなみに、マーラーの交響曲とかだったら、いたってよくありますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サクソフォン三重奏 | トップページ | フォーレ歌曲全曲演奏会・第一夜 »