2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« マーティン・ブラビンス | トップページ | 佼成WO、百回 »

2009.02.15

マ・メール・ロワ

定例アンサンブル練習日。

年が明けてから毎回のように新しい楽譜を配っている。
今日はラヴェルの「マ・メール・ロワ」組曲の八重奏版を初見音出し。
啼鵬さんのサイトから購入したもの。

「マ・メール・ロワ」は、自分でサックスのアンサンブルに編曲しようかと思ったことがあった。
原曲のオーケストラやピアノ版は勿論、昔から親しんでいたけれど、20年くらい前、鈴木英之先生が指揮していた、今ほど人数が多くなかった頃の洗足学園のサクソフォン科の演奏会で聴いたこの曲の編曲が、とても印象に残っていたのだ。
「美女と野獣の対話」の野獣はやっぱりバスサックスでしょ、美女は誰のパートに書こうかな?(私が自分で楽譜を書く時は、いつもそのパートを吹く特定の誰かをイメージして書いています)でも、ウチのアンサンブルの美女たちはみんな人妻(もしくは人妻もどき)なんだよなあ、などと妄想しつつ。
(啼鵬さんの編曲にもバスサックスのオプショナルパートがあって、野獣系の旋律はみんなそっちに書いてありました。さすが判ってらっしゃる)

ただ、原曲の、美女と野獣の対話の頂点で、ピアノ(オーケストラ版ではハープ)の上行グリッサンドと共に、魔法が解けて野獣が王子様に変身する場面。
このグリッサンドをサックスだけでどう表現するか、というイメージが掴めなくて、ずっと手を出せずにいた。
この楽譜ではいったい、そこをどう処理しているのか。
楽譜を入手して、真っ先に見てみたら。
なんと。

ma_mere_loye

省略
うわあ、その手があったか。

なにしろ難曲であるし、編曲もかなり難易度高なので(上掲のページを見てもお判りのとおり、どの楽器にも上のラくらいまで平然と出てくる)、実際に演奏会本番に乗せるかどうかは判らないけれど、とりあえず練習してみようかな。

« マーティン・ブラビンス | トップページ | 佼成WO、百回 »

練習、リハーサル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マーティン・ブラビンス | トップページ | 佼成WO、百回 »