2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« をことわり(小ネタ) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル »

2009.01.06

【訃報】鎌田由紀夫氏

訃報はいつも、唐突にやってきます。
指揮者の鎌田由紀夫先生が、今朝(1月6日)、亡くなられたそうです。

1991年から98年まで在籍した私の古巣バンドの(現在も)常任指揮者でした。
元ヴァイオリン奏者、ヤマカズ(故・山田一雄)門下でアマオケ界に広く名を知られた指揮者だった鎌田先生が、吹奏楽の世界にこんなに深くコミットされていたことは、私にとってはとても幸運でした。
7年間、ほとんど毎週といっていいくらい定期的に、鎌田先生の棒で合奏を経験したことは、かけがえのない貴重な財産です。

ありがとうございました。
やすらかにお眠りください。

1994年の吹奏楽コンクール関東大会(東西に分かれる前の、最後の「関東大会」でした)で、鎌田先生の指揮のもと演奏した、グリエールの「赤いけしの花」のライブCDを久々に聴いています。
懐かしいなあ。
指揮姿が目に浮かぶようだ。
もう、見られないけれど。

« をことわり(小ネタ) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は鎌田さんの中学、高校の後輩で、最近は地域活動、飲み仲間として休日等に行動をしていたものです。
昨日の朝、訃報の知らせを聞き、ショックと動揺で仕事が手につきませんでした。
後日、偲ぶ会が執り行われるかと思いますので、個人を偲んで冥福をお祈りいただけると幸いです。

コメントありがとうございました。

私も昨日は精一杯平静を装ってこのような日記を書いたものの、あとから押しよせるように様々な感情が湧いてきて、今日はまったく仕事になりませんでした。
演奏者としての自分の中のいかに多くのことを、鎌田先生に依っていたか。
古巣バンドでの鎌田先生の合奏の数々が、どんなにか(現在でも凌駕するもののない)至福の体験だったか。

数えきれないほどたくさんのオケや楽団に関わっていた鎌田先生のこと、同じような感情にうたれている方はたくさんいらっしゃることと思います。

御葬儀は親族の方のみでと聞きました。
お別れの会のあかつきには、是非参上しなければならないと感じております。

はじめまして実弟のカマチンと申します。ネットを検索したらたどり着きました。明日家族葬の予定です。又後日「お別れの会」をもうけたいと思っています、そのときはよろしくお願いいたします。

ご親族の方からのコメント、大変恐縮です。
心中篤くお察しいたしますが、正直私ごときが何と申し上げたら良いのかよく分かりません。
ただ、鎌田先生の逝去を悼む方、鎌田先生のことをこうして思い出してくださる方がたくさんおられることが、故人へのせめてもの慰藉となればと思っております。

Thunder様
こんばんは。
私は東京で鎌田先生にお世話になっているものです。

私は一つの団体だけでなく、複数の団体において鎌田先生とご一緒(多い時で年6回程度)させていただきました。去年の暮れにも演奏会および吞み会をご一緒させていただきました。非常に残念です。訃報を当日に聞いたのですが、かなりショックでした。

名古屋に引っ越すことになり、「名古屋のオケの仕事を」と約束を交わしたばかりでかなり残念ですね。

なっくす様

亡くなられた方のことは、「忘れずにいること」こそがその方への何よりの供養だと思っています。

こうして、エントリを上げてからかなり時間が経ってからのコメント、大変感謝いたします。

鎌田由紀夫氏の訃報、今、知りました 鎌田先輩には日立市多賀中時代にお世話になり素敵な思い出が残っています

しまだかおり様

コメントありがとうございました。

3月29日付の「お別れ会」のエントリも併せてご覧くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« をことわり(小ネタ) | トップページ | 【告知】田村真寛リサイタル »