2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 【告知】田村真寛リサイタル | トップページ | オザワのブルックナー »

2009.01.15

ヌオーのイベールとか

kuriさんに教えてもらったサイト。
スイス放送協会のアーカイヴで、ジュネーヴ国際コンクールの歴史的優勝者たちの実況録音が聴ける。
この中に、ミシェル・ヌオー独奏のイベール「コンチェルティーノ・ダ・カメラ」の録音(1952年)がある。
バックはエルネスト・アンセルメ指揮のスイス・ロマンド管弦楽団(!)。
こちら

ミシェル・ヌオーといえば、ジュネーヴ・コンクールのサクソフォン部門の歴代ただひとりの優勝者として、歴史に名を残す奏者。
是非聴いて、腰を抜かして下され。
ハインツ・ホリガーのマルチェルロ、モーリス・アンドレのトマジ、ミケランジェリの「皇帝」、アルゲリッチの「ハンガリー狂詩曲第6番」など、他にも栄えあるジュネーヴ優勝者による「腰抜かし物件」多数。

« 【告知】田村真寛リサイタル | トップページ | オザワのブルックナー »

サクソフォン」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。今年もよろしくお願いします。

すごいものを紹介していただき、ありがとうございます。
スイス放送協会やりますねー。
日本放送協会も見習ってほしいものです。

ホントにすごいです。それしか言い様がありません。

この音源、一度CDで発売されたことがあるそうですね。
CDで聴いてみたいです。

たとえば歴代の日本音コンの入賞者の映像やら録音やらは、当然NHKには残っているはずですね。
そういうものをアーカイヴとして整理しようという意思は…あんまりあるようには見えません。残念ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【告知】田村真寛リサイタル | トップページ | オザワのブルックナー »