2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« ヌオーのイベールとか | トップページ | ラザレフの時代、始まる »

2009.01.17

オザワのブルックナー

NJP, 090116新日本フィルハーモニー交響楽団 特別演奏会(すみだトリフォニーホール)

ハイドン/協奏交響曲変ロ長調(Ob:フアン=マヌエル・ルンブレラス、Bn:河村幹子、Vn:豊嶋泰嗣、Vc:花崎薫)
ブルックナー/交響曲第1番
 指揮:小澤征爾

まだ年が明けて2週間しか経っていないというのが信じられないくらい、いろいろと消耗しているけれど、週の最後の金曜の夜にコンサートを聴くというのは、なんだかんだ言っても嬉しい。
それでも、この地味なプログラムに1万円近いチケット代を出すというのは普段だったら無いと思うけれど、そこはさすが「世界のオザワ」の威力というか。

3階の最前列のほぼド真ん中という、なかなか座れない席だった。
たいへんに良いバランスと解像度の音が飛んでくる。
実は2曲ともよく知らない曲だったが、なかなか楽しめた。
ハイドンは節度ある自己主張と親密さにみちた曲と演奏で、小澤=NJPのスタイルの一面にいかにも似つかわしい。
ソリストは全員NJP団員。オーボエとヴァイオリンのソロ同士の綺麗なハーモニーが印象的だった。ぶっとい音のオーボエ奏者はスペイン出身で、N響に移った青山さんの後任として最近入団された方(元ザールブリュッケン放送響首席奏者とのこと)のようだ。
ブルックナーは、若書きといえどもいかにもブルックナー、という雰囲気だったけれど、全体になんだかとっても明るい音色だったのは、演奏のせいか曲のせいか。
とくに、日本フィルから移籍してきた箱山さんがトップに座った(宮下さんが2ndだった)トロンボーンセクションの輝かしくパワフルなサウンドは、今までのNJPには無かったものだと思った。

小澤の指揮する新日本フィルは、「日本のシンフォニー・オーケストラ」の、ある意味最良の姿だと思う。
次の、この組み合わせの公演は、今年の12月だそうだ。
今度こそフランス物を聴きたいな。

« ヌオーのイベールとか | トップページ | ラザレフの時代、始まる »

コンサート(2009年)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヌオーのイベールとか | トップページ | ラザレフの時代、始まる »