2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

« 東響 with 8 saxs | トップページ | そしてサントリー、都響、林英哲 »

2008.11.09

吹奏楽祭

午前は隣駅の蒲田へ、大田区吹奏楽祭を聴きに(大田区民センター)。

今年で第58回を数えるというこの催し、地元民としてはお馴染みで、私自身初めて出場したのはもう30年以上前のことになってしまった。
出場はしないけど聴きにだけ行く、というのは実はこの30年でたぶん初めてだったのだが、今回「大田区吹連サクソフォーンアンサンブル2008」と称するサクソフォンアンサンブルが出場し、知り合いも何人か乗っているんだけど、あの彦坂さんが指揮者として登場する、という話を聞きつけたのだ。
この吹奏楽祭、しかも大田区民センターに彦坂さんが登場するというのは「歴史的事態」なので、これは見届けずにはおられまい、と駆け付けた次第。

081109

大田区民センター入口。
30年前から変わらない、蒼古たる雰囲気が懐かしい。

曲はホルスト「第一組曲」。私も昔吹いたことのある、啼鵬さん編の8sax版。
わあっ、ホンモノの彦坂さんだ。

寄せ集めみたいな、しかもアンサンブル経験だってそんなにはないだろうメンバーなので、いかに彦坂さんの指導とはいえ、勿論いきなり物凄く高いレベルの演奏を狙える訳ではないけれど、本番の舞台で人に聴かせるに足る演奏をつくりあげるということは得難い経験になったんじゃないだろうか。

終演後、彦坂さんにご挨拶。「こんなところまで、すみません」と。
久しぶりの会話を交わす。
「アンコン出ないの?」とか「沖縄の○○さんが宜しくと言ってたよ」とか、なにげにディープな内容でした。
(この日の日記続く…かな?)

« 東響 with 8 saxs | トップページ | そしてサントリー、都響、林英哲 »

音楽随想」カテゴリの記事

コメント

うわー、この「変わらなさ」は何なんでしょうか!
絶えて久しく行っていないなぁ、大田区民センター。都内のホールの中でも良質な音響は、今も「変わらな」かったですか?
この看板も「第n回」とか書かれていないので、何十年も使い回してるかなぁ(それはないですよね)。

隣にある古い公園も、昔のままです。

こういう音響を「良い」と思う感性というのは、もしかしたら過去のものになりつつあるかもしれません。残念なことに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/43065222

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽祭:

« 東響 with 8 saxs | トップページ | そしてサントリー、都響、林英哲 »