2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« 秋山和慶と東響 | トップページ | プレトニョフ、須川さん、東フィル »

2008.10.15

トゥランガリラ

TMSO, 081014まる1日経ってしまったが、10月の都響定期。

東京都交響楽団 第668回定期演奏会(サントリーホール)

ドビュッシー/バレエ音楽「遊戯」
メシアン/トゥランガリラ交響曲
 ピアノ:児玉桃、オンドマルトノ:原田節
 指揮:イラン・ヴォルコフ

ぱららららら、ひょい~ん、がぁーごーげー、きゃこきゃこきゃこきゃこきゃこきゃこ

このブログを始めてから、「トゥランガリラ」を生で聴くのは二度め、それ以前も合わせればたぶん片手の指では足りないくらい聴いていると思うけれど、今回はなんだか別の曲のように聞こえたのだった。
いや、確かに同じ「トゥランガリラ」なのに、何なんだろうなあ。
気分的には「トゥランガリラ交響曲」初演、と言いたいくらい。
音がつるっとしていて、よそから光を当てられて輝いているんじゃなくて、自ら発光しているような感じ(しかも電球や蛍光灯ではなく、発光ダイオードだ)。今までに聴いた「トゥランガリラ」とは、日本の現代音楽とヨーロッパの現代音楽くらいに違う(大きな違いなのか、微妙な違いなのか、そこも含めて微妙)。

1曲めの「遊戯」、ってのもまた珍しいけれど(生で聴くのはフルネ師以来二度め)、これまためちゃくちゃにわかりやすい演奏だった。男1人と女2人が戯れに盛り上がっていて、頂点に達したところでいきなり(水を差すように)テニスボールが投げ込まれ、そのままシラけて終わってしまう、というプロットがこれだけハッキリ分かる演奏は初めて聴いたと言っていいかも。

指揮者イラン・ヴォルコフは1976年イスラエル生まれ。若くして英BBCスコティッシュ響のシェフを務める注目株。
チラシの写真とは違って、髭をたくわえ髪も伸ばし、ロックミュージシャンかジーザス・クライストか(笑)、という雰囲気になっている。
もう少しオーソドックスな曲を聴いてみないとなんとも言えないけれど、今までにあんまり見たことのないタイプの指揮者だ。「逸材」、と言っていいと思う。
ヨーロッパにはいろんな若い人が出てきているんだなあ、と、改めて実感。

« 秋山和慶と東響 | トップページ | プレトニョフ、須川さん、東フィル »

コンサート(2008年)」カテゴリの記事

都響」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、クローバーの坂口です。

僕はトゥランガリラが好きで、ちょっとうれしくてコメントしました。

この前、N響でそれを聴いたときに発光ダイオードっていうのとまさに同じような印象を受けました。今年はメシアンの年で多いですね。

オンドマルトノの原田さんは一回共演させていただいた事があるのですが、彼の書くオリジナルは不思議な世界観でとてもいいので、もしよかったら聴いてみてください。

おや、こんなところまでいらしていただき、有難うございます。

原田さんの作品といえば、以前に「トゥランガリラ」を聴いた時の前プロで、「薄暮、光たゆたふ時」というオーケストラの曲を聴いた記憶があります。
イメージを明瞭に把握してオーケストラで再現する力量に驚嘆したものでした。
他の作品も機会があったら聴いてみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/42792013

この記事へのトラックバック一覧です: トゥランガリラ:

« 秋山和慶と東響 | トップページ | プレトニョフ、須川さん、東フィル »