2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 今日の小ネタ(新宿駅) | トップページ | 【訃報】圓田勇一氏 »

2008.09.18

橋本二往復

9月17日は、アルフレッド・リード博士の命日。
過去の二度の命日は奥志賀で過ごしていたので、東京でこの日を迎えるのは初めて。
いつものようにおそく帰ってきて、なんか聴こうかなと思ってCD棚を物色しているうちに、日付が変わってしまった。
とりあえず、一番スタンダードなベスト盤(こちらで紹介したことがある)を、小さな音量で鳴らす。
どうでもいいことだが、最近のTKWOってこういう上品な音がしないんだよなあ。

三連休の最後の月曜日(敬老の日)は、グランボワさんを聴きに橋本へ。

演奏会自体は5時半開演だが、私たちのアンサンブルの挟み込みチラシを持参するため、朝10時に一度会場にお邪魔。
さすがに時間をつぶし切れないので、一度都心へ引き返す。

まずは秋葉原へ。
iPod用アンプ(とっくの昔にディスコンになっている)のACアダプタが断線してしまったので、今週末の合宿までに代用品を探さねばならなかったのだが、秋月電子に行ったら一発で見つかった。
かつて、休日にはパーツリスト片手にラジオストアやラジオデパートの狭っ苦しいパーツ屋街を巡ったラジオ少年の端くれだった頃から、30年以上が経ってしまった。
それでも、当時と変わらぬ雰囲気は、街のそこここに残っていて、違和感なく歩き回ることができるのが不思議。

他に捜し物で、楽譜屋を2軒、CD屋を2軒回る。収穫なし。
行く前からすっかり疲れ切って、それでもなんとか再び橋本へ。(くじけて家に帰ってしまうことも想定して祝電も打っておいたのだ(^^;)

Grandboisグランボワ・サクソフォン倶楽部 第7回定期演奏会(杜のホールはしもと)

グランボワさんは私たちのようなチームとはコンセプトが違って、基本的に「吹奏楽団」だと思うけれど、それでも指導者である大森さんの、明晰でなめらかで本格的なヨーロッパ仕込みの音楽が浸透しているので、気持ちよく聴くことができるのが救いだ。
シャブリエの「スペイン」なんか、アマチュアの演奏としては、今までに聴いた(あるいは自分で参加した)どんな編成・演奏よりも、それらしい雰囲気があったと思う。
しかし、ここ何度か聴いている間に、だんだん高校の部活の演奏会みたいな流儀が目につくようになってきたのが気になる。例えば「楽器紹介」にあそこまで凝ったり自発性やエネルギーを集中するというのは、どうも腑に落ちない(最近の高校生の演奏会って、どこも「楽器紹介」に異常なまでの執着をみせるみたいですね)。
そんな余力があるなら本プロ(企画・演奏両面)に振り向けてほしいと思うのだが。

« 今日の小ネタ(新宿駅) | トップページ | 【訃報】圓田勇一氏 »

サクソフォンの演奏会(2008年)」カテゴリの記事

コメント

橋本までお越しくださりありがとうございました。

よく学芸会とご指摘を受けます。私は基本的には司会や楽器紹介などいらないと思っています。

今回は強く反対できない御仁の御発案なのです。またその趣味に強く反対する意見もないというところで、どうしてもこういう格好になってしまっています。

どうもお疲れさまでした。
この日は体力的に橋本へ舞い戻れるものか不安だったのですが、結果的に聴いてよかったです。

なんとなく分かりますね。
なんとなく流れでそういうことになってしまって、わざわざ反対して止めさせるほどのこともないために、なんとなくそういうふうになってしまう、という。

私たちがやっているのは「クラシック音楽」という、ある種の伝統芸能なのですから、伝統と単なる因習とをちゃんと区別しなければいけない、とは常々思っているところです。

それが若さ、、、なのかなぁと
グランボワにいた時は思いました。
ただ単に私が年寄りなのかもしれませんが(汗)。
戻りたいけど、時間が、、、
みなさまによろしくお伝え下さいまし<井伊さん

グランボワを大森ファミリーと言ってしまう御仁なのです。私は弟子でもなんでもないし、それぞれの師匠を否定されているような感じで、少々困惑するときもあります。

弟子筋によるアタックまで強要された時代もあったんですよ。フルモーのように。発声方法もそうなんでしょうが、これらに触れるのはタブですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74078/42512276

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本二往復:

« 今日の小ネタ(新宿駅) | トップページ | 【訃報】圓田勇一氏 »